セリエA得点ランク首位浮上のC・ロナウド 19戦無敗の前半戦は「素晴らしかった」

サンプドリア戦で2得点を挙げたC・ロナウド【写真:Getty Images】

サンプドリア戦で2得点を挙げたC・ロナウド【写真:Getty Images】

本拠地サンプドリア戦で2ゴール、2-1の勝利に貢献

 イタリア王者ユベントスは年内最終戦でリーグ戦の折り返しとなった第19節サンプドリア戦を2-1で勝利して終えたが、この試合では3回にわたるビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)の進言による映像確認が試合のポイントになった。2ゴールで勝利に導いたポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドは、試合後に中継を担当した「スカイ・スポーツ」に対してVARへの好意的なコメントを残し、また無敗で折り返した前半戦を「素晴らしかった」と振り返っている。

 ホームで行われたこの試合の先制ゴールはロナウドによる前半2分の強烈な一撃だったが、サンプドリアの同点ゴールはVARによって生まれた。前半30分前後のプレーで、相手コーナーキックの際にユベントスのMFエムレ・ジャンにハンドの反則があったとして、数プレー後に映像確認。そしてPKが与えられ、古巣対決となったFWファビオ・クアリアレッラが蹴り込んだ。

 一方で後半18分前後、今度はユベントスのコーナーキックで両チームの選手が競った後ろにいたサンプドリアの選手にハンドがあったとして、主審がPKを宣告。一方で、この判定にもVARからの進言で映像確認が入り、今度は判定が変わらずにPK。これをロナウドが蹴り込み2-1と勝ち越した。

 さらに同アディショナルタイム突入直後、ユベントスGKマッティア・ペリンのキックミスに詰めたところから味方のパスを受けたサンプドリアのMFリッカルド・サポナーラがペナルティーエリアのライン付近から左足で巻き込むシュートを放つと、これがゴール左隅に吸い込まれて土壇場の同点劇かと思われた。

 しかし、VARの進言で三たび映像を確認すると、ユベントスGKペリンのキックミスに対してサンプドリアの選手がボールにコンタクトしていたことから、次の選手が“戻りオフサイド”という判定に変更され、ゴールは取り消しになった。

VAR判定は「良いものだと思っているし、助けになっている」

 こうした紆余曲折があった試合後だけに、ロナウドにはVARへの質問が飛んだ。しかしロナウドは「これは良いものだと思っているし、助けになっている。審判団にとって判定は難しいものだ。審判団は落ち着いていれば良いし、選手たちは彼らの仕事に介入しないほうが良い」と、VARと審判団に対して好意的な言葉を残している。

 この勝利でユベントスは19試合を17勝2分の無敗、勝ち点53という驚異的なペースで終えた。ロナウドは前半戦を振り返り「素晴らしかったと思う。チームにはとても一貫性があり、ほとんどの試合で勝利した。だが、まだシーズンの半分でしかないので、このような仕事を続けて前に進まなければいけない」と話した。

 レアル・マドリードからの移籍加入初年度にして、“守備の国”とも称されるイタリアで19試合14ゴールを挙げ、得点ランキング単独トップで前半戦を終えたロナウド。UEFAチャンピオンズリーグ決勝トーナメントなど、タイトルの懸かった試合が続いていく後半戦では、どのようなプレーを見せてくれるだろうか。(Football ZONE web編集部)

ジャンルで探す