各リーグ最多と最少は? 2018年Jリーグ全57チーム「1試合平均観客数ランキング」

今季Jリーグに参戦した全57チームの1試合平均観客数をランキング化【写真:Getty Images】

今季Jリーグに参戦した全57チームの1試合平均観客数をランキング化【写真:Getty Images】

下位は主にJ3勢が占めるなか、J2勢で苦戦を強いられた讃岐と愛媛

 Jリーグは2日、J1からJ3まですべてのカテゴリーが最終節を終えた。J1は川崎フロンターレ、J2は松本山雅FC 、J3はFC琉球の優勝で幕を閉じたなか、Jリーグ公式サイトでは各チームのホーム試合における1試合平均観客数を発表。そのデータを基に、今季Jリーグに参戦した全57チームの1試合平均観客数をランキング化した。

【参考図表】2018年J1リーグ最終順位表【画像:Football ZONE web】

【参考図表】2018年J1リーグ最終順位表【画像:Football ZONE web】

■2018年Jリーグ「1試合平均観客動員数」 
57位~41位

57位:1,005人 J3 YS横浜 【16試合/16,077人】
56位:1,112人 J3 C大阪U-23 【16試合/17,784人】
55位:1,216人 J3 盛岡 【16試合/19,461人】
54位:1,273人 J3 藤枝 【16試合/20,360人】
53位:1,382人 J3 G大阪U-23 【16試合/22,107人】
52位:1,576人 J3 福島 【16試合/25,214人】
51位:1,723人 J3 FC東京U-23 【16試合/27,564人】
50位:2,657人 J3 鳥取 【16試合/42,519人】
49位:2,670人 J3 富山 【16試合/42,718人】
48位:2,839人 J3 秋田 【16試合/45,420人】
47位:2,857人 J3 沼津 【16試合/45,716人】
46位:3,073人 J2 讃岐 【21試合/64,532人】
45位:3,146人 J3 琉球 【16試合/50,330人】
44位:3,161人 J2 愛媛 【21試合/66,382人】
43位:3,346人 J3 群馬 【16試合/53,531人】
42位:3,458人 J3 相模原 【16試合/55,331人】
41位:3,554人 J3 長野 【16試合/56,869人】

 最下位はY.S.C.C.横浜(J3・15位)で1005人。その他で1500人を下回ったのは、セレッソ大阪U-23(J3・7位)、グルージャ盛岡(J3・13位)、藤枝MYFC(J3・16位)、ガンバ大阪U-23(J3・6位)の4チームだった。J3優勝のFC琉球は集客に苦戦し、全体では45位となった。

 下位は主にJ3のチームが占めているなか、J2チーム最下位がカマタマーレ讃岐だ。讃岐は今季J2で最下位に沈み、来季のJ3降格が決まったが、そうした低迷が観客動員数にもダイレクトに影響したと見られる。またJ2勢では18位で残留を果たした愛媛FCも観客動員数が伸び悩んだクラブの一つと言える。


【参考図表】2018年J2リーグ最終順位表【画像:Football ZONE web】

【参考図表】2018年J2リーグ最終順位表【画像:Football ZONE web】

今季J3で低迷も…観客動員数はリーグ最多でJ2に匹敵 1万人まであと一歩は2チーム

■2018年Jリーグ「1試合平均観客動員数」 
40位~21位

40位:4,040人 J3 鹿児島 【16試合/64,642人】
39位:4,501人 J3 北九州 【16試合/72,014人】
38位:4,528人 J2 金沢 【21試合/95,093人】
37位:4,915人 J2 町田 【21試合/103,215人】
36位:4,938人 J2 水戸 【21試合/103,698人】
35位:4,997人 J2 徳島 【21試合/104,941人】
34位:5,269人 J2 熊本 【21試合/110,643人】
33位:5,657人 J2 栃木 【21試合/118,805人】
32位:5,663人 J2 京都 【21試合/118,931人】
31位:5,936人 J2 東京V 【21試合/124,654人】
30位:6,123人 J2 山口 【21試合/128,579人】
29位:6,141人 J2 横浜FC 【21試合/128,959人】
28位:6,766人 J2 山形 【21試合/142,094人】
27位:6,858人 J2 岐阜 【21試合/144,011人】
26位:7,384人 J2 甲府 【21試合/155,054人】
25位:8,599人 J2 岡山 【21試合/180,586人】
24位:8,873人 J2 福岡 【21試合/186,323人】
23位:8,907人 J2 大分 【21試合/187,052人】
22位:9,224人 J2 大宮 【21試合/193,711人】
21位:9,858人 J2 千葉 【21試合/207,025人】

 J3勢トップは、意外にもリーグ戦で最下位に沈んだギラヴァンツ北九州で、全体で39位の4501人となった。J3・2位で昇格を決めた鹿児島ユナイテッドFCを461人上回り、J3最多の観客動員力を示している。2017年シーズンから新スタジアムを使用しているが、その効果も一因にあると言えそうだ。

 5000人台と6000人台はJ2勢による団子状態で、ロアッソ熊本(J2・21位)、栃木SC(J2・17位)、京都サンガF.C.(J2・19位)、東京ヴェルディ(J2・6位)、レノファ山口FC(J2・8位)、横浜FC(J2・3位)、モンテディオ山形(J2・12位)、FC岐阜(J2・20位)が乱立している。

 1万人までわずかに届かず、9000人台止まりだったのが大宮アルディージャ(J2・5位)とジェフユナイテッド千葉(J2・14位)の2クラブだ。10年ぶりの昇格を目指した千葉だが苦戦を強いられ、大宮はJ1参入プレーオフ圏に食い込んだが、1回戦で東京Vの前に苦杯を嘗めた。


【参考図表】2018年J3リーグ最終順位表【画像:Football ZONE web】

【参考図表】2018年J3リーグ最終順位表【画像:Football ZONE web】

J2勢トップはJ1級の集客力、リーグ連覇の川崎は意外にも… 上位に食い込んだのは?

■2018年Jリーグ「1試合平均観客動員数」 
20位~1位

20位:11,225人 J1 長崎 【17試合/190,827人】
19位:11,402人 J1 柏 【17試合/193,833人】
18位:12,120人 J1 湘南 【17試合/206,039人】
17位:13,283人 J2 松本 【21試合/278,948人】
16位:14,346人 J1 広島 【17試合/243,874人】
15位:14,913人 J2 新潟 【21試合/313,180人】
14位:14,991人 J1 清水 【17試合/254,844人】
13位:15,000人 J1 鳥栖 【17試合/255,004人】
12位:15,408人 J1 仙台 【17試合/261,943人】
11位:15,474人 J1 磐田 【17試合/263,060人】
10位:18,223人 J1 札幌 【17試合/309,798人】
9位:18,811人 J1 C大阪 【17試合/319,782人】
8位:19,434人 J1 鹿島 【17試合/330,376人】
7位:21,630人 J1 神戸 【17試合/367,716人】
6位:21,788人 J1 横浜FM 【17試合/370,401人】
5位:23,218人 J1 川崎 【17試合/394,709人】
4位:23,485人 J1 G大阪 【17試合/399,242人】
3位:24,660人 J1 名古屋 【17試合/419,218人】
2位:26,432人 J1 FC東京 【17試合/449,338人】
1位:35,502人 J1 浦和 【17試合/603,534人】

 20位から1万人台に突入するとともに、J1勢が登場する。今季J1最下位に沈んだV・ファーレン長崎は、1試合平均観客動員数でもJ1最少となり、ピッチ内外で苦戦を強いられた。長崎とともに降格の憂き目に遭った柏レイソルが続いており、今季の成績と連動する形となった。J2勢トップは、昨季J1から降格したアルビレックス新潟だ。J1・2位の好成績を残したサンフレッチェ広島をわずかに上回っており、J1並みの集客力を誇った。

 元スペイン代表FWフェルナンド・トーレスが加入したサガン鳥栖は13位、元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタが加入したヴィッセル神戸は7位となったなか、リーグ連覇を果たした川崎フロンターレは意外にも5位。宮本恒靖監督の下で後半戦リーグ9連勝のガンバ大阪、J2から1年で舞い戻った名古屋グランパス、長谷川健太監督の下で前半戦好調だったFC東京が続く。全57チームで最多は、唯一の3万人台に乗せた浦和レッズ。リーグ戦は5位ながら、圧倒的な“赤のパワー”を見せつけている。


(Football ZONE web編集部)

ジャンルで探す