韓国メディア、アジア杯同組キルギスに完勝の日本を称賛 「ホームで完璧に制圧」

20日の国際親善試合でキルギスに4-0で勝利した日本代表【写真:Getty Images】

20日の国際親善試合でキルギスに4-0で勝利した日本代表【写真:Getty Images】

アジア杯を見据え日本とキルギスの一戦に注目、森保ジャパンの試合運びを評価

 日本代表は20日の国際親善試合でキルギスに4-0で勝利した。来年1月のアジアカップで韓国がキルギスと同組のため、母国メディアもこの一戦に注目していた。

 スポーツ専門サイト「スポーツQ」は、「日本は原口元気(ハノーファー)以外、国内組を先発入りさせて挑んだ。前半を2-0で折り返し、後半に大迫勇也中島翔哉南野拓実堂安律ら海外組を投入し再び2点を追加した。森保一監督の就任以降、5試合で15得点を決めた。4勝1分の好成績で2018年の日程を終了させた」と、その戦いぶりを高く評価している。

 また、サッカー専門サイト「インターフットボール」も「前半は2軍に近いメンバーを起用しつつも前半で2得点、後半から海外組を投入すると、再び勢いがついた。ホームで完璧に制圧した」と日本の安定した試合運びを称賛している。

 アジアカップで韓国はキルギスと同組で、2試合目に対戦する。日本との試合内容を見る限り、そこまで苦戦する相手ではないだろうが油断は禁物だ。

 それに韓国内では“森保ジャパン”の強さを意識してか、「来年1月のアジアカップで韓国と日本が8年ぶり(2011年のアジアカップ準決勝。1-1延長戦からのPK戦で日本が勝利)に対戦するかもしれない」と期待する声も多い。

 すでに韓国は12月の早い時期の招集を予定しており、アジアカップに向けて本格的な準備を進める予定だ。


(金 明昱 / Myung-wook Kim)

ジャンルで探す