“人類最速男”ボルト、2ゴールにもクラブ幹部は冷静 「他の選手と同じく扱っている」

サウスウエスト・ユナイテッド戦にスタメンで出場したボルト【写真:Getty Images】

サウスウエスト・ユナイテッド戦にスタメンで出場したボルト【写真:Getty Images】

サウスウエスト・Uで2得点も、ミーレカンプCEOは「弱点、強みである部分を見せた」

 世界最速の男ウサイン・ボルトはオーストラリアAリーグ、セントラル・コースト・マリナーズに練習生として参加しているなか、プレシーズンマッチ先発初出場でいきなり2得点を決めた。本当にプロサッカー選手になれるのでは――との期待が集まっているが、クラブフロントは意外なほど冷静なようだ。

 現地時間11日にサウスウエスト・ユナイテッド戦にスタメンで出場したボルトは、後半12分に俊足を生かした最終ライン裏の抜け出しから左足シュートを叩き込み、初ゴールをマーク。その10分後には相手GKとDFの連係ミスから無人のゴールにボールを押し込み、2得点をゲットした。

 2点目はいわゆる“ごっつぁん”の形だったとはいえ、初ゴールはサッカー選手らしい動きで奪った一撃だった。それだけに契約へと大きく近づいたに見えるなか、米スポーツ専門テレビ局「ESPN」の取材に答えたショーン・ミーレカンプCEOはこのように答えている。

「我々はしっかり他の選手と同じくウサインを扱っているし、彼は我々と厳しいトレーニングに臨んでいる。彼は弱点、それと同時にストロングである部分を見せ、そして2ゴールを奪った。それは彼に対しての全ての信用だ」


ボルトはさらなるアピールを決意「俺は契約するまで、それについて話す気はない」

 手放しで称賛するのではなく「弱点」という表現を使ったのは、本気で契約するのか否かの表れだ。「我々は間もなく帰国するマイク・ぺランSDとしっかりと話し合っていくだろう」と、じっくりと判断することを明確にしている。

 これに対してボルト自身も納得のようだ。「俺は契約するまで、それについて話す気はない」としながらも、プロクラブとしての判断をこう尊重している。

「俺は一歩一歩進んでいる。そしてサッカー選手になれることを世界に証明するためにここにいるんだ。自分自身を奮起させて、どこまで行けるか見ていくよ」

 果たしてボルトの意欲は実るのか。今後も夢実現へのトライアルは続く。


(Football ZONE web編集部)

ジャンルで探す