待望の“C・ロナウド弾”にユベントスファン歓喜 「封印が解けた」「ゴールマシン再始動」

待望の初ゴールを含む2得点をマークしたユベントスFWクリスティアーノ・ロナウド【写真:Getty Images】

待望の初ゴールを含む2得点をマークしたユベントスFWクリスティアーノ・ロナウド【写真:Getty Images】

開幕4試合目のサッスオーロ戦でセリエA初得点を含む2ゴールと大活躍

 ユベントスのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドは、現地時間16日のセリエA第4節サッスオーロ戦(2-1)で待望の初ゴールを含む2得点をマーク。新エースに歓喜の瞬間が訪れ、ユベントスファンも「ついに封印が解けた」「ゴールマシンが再始動」と沸いている。

 9月の代表活動をパスしたロナウドは万全の状態でスタメン出場。前半はチーム全体がゴール前のスムーズさを欠いてスコアレスで折り返したなか、後半4分、待望の瞬間が訪れた。

 右コーナーキックをアルゼンチン代表FWパウロ・ディバラが中央に蹴り込むと、イタリア代表DFレオナルド・ボヌッチがオーバーヘッド気味にシュート。これが相手DFに当たり、ゴールポストからはね返ったボールをロナウドが難なく蹴り込んだ。

 待望の移籍後初ゴールが生まれ、ロナウドはさらにギアチェンジ。後半20分、ドイツ代表MFエムレ・ジャンがボールを持ち運んでカウンターを仕掛けると、左サイドでパスを受けたロナウドはワントラップから左足を一閃。逆サイドに突き刺さる豪快なシュートで2点目を決め、代名詞の“仁王立ちポーズ”も飛び出した。

 エースの2ゴールでサッスオーロに2-1で勝利し、開幕4連勝を飾ったユベントス。試合終了後、クラブ公式ツイッターに“仁王立ちポーズ”を背後から捉えた写真を投稿すると、ファンからも興奮のメッセージが相次いだ。

「フットボールの王が帰ってきた」
「ついに封印が解けた」
「30ゴールは頼む」
「ゴールマシンが再始動」
「クールだね」

 ロナウド本人だけでなく、ユベントスファンも待ち望んでいた初ゴール。レアル・マドリードでの在籍9年間で451得点を荒稼ぎしたゴールマシンの爆発に期待が懸かる。


(Football ZONE web編集部)

ジャンルで探す