吉田麻也の新ライバルはデンマークの巨人 サウサンプトンがW杯参戦199センチDF獲得

日本代表DF吉田が所属するサウサンプトンは、デンマーク代表DFヤニック・ベステルゴーアの獲得を発表した【写真:Getty Images】

日本代表DF吉田が所属するサウサンプトンは、デンマーク代表DFヤニック・ベステルゴーアの獲得を発表した【写真:Getty Images】

デンマーク代表DFベステルゴーアがボルシアMGから移籍

 ロシア・ワールドカップ(W杯)を戦い終えた日本代表DF吉田麻也に新たなライバルが出現したようだ。吉田が所属するサウサンプトンは、デンマーク代表の長身DFヤニック・ベステルゴーアの獲得を発表した。

 ベステルゴーアはブンデスリーガのボルシア・メンヒェングラートバッハでプレーし、ロシアW杯でもデンマーク代表入りを果たしていた。そのセールスポイントは、なんと言っても199センチの長身だろう。サウサンプトンは25歳のベステルゴーアを加え、最終ラインの高さが強化された形だ。

 ボルシアMGではUEFAチャンピオンズリーグ(CL)やUEFAヨーロッパリーグ(EL)にも出場し、国際経験も豊富。クラブ公式サイトでベルテルゴーアは、長期にわたるスカウティングがあったことを明かし「クラブが長所も短所も分かってくれている」と移籍のメリットを語った。

 サウサンプトンでセンターバックのポジションを確保しながら奮闘する吉田にとって、“デンマークの巨人”は心強いパートナーであり、強力なライバルにもなり得る存在となりそうだ。ともにW杯で決勝トーナメント進出を経験した二人のセンターバックは、プレミアリーグ躍進の原動力となるだろうか。


(Football ZONE web編集部)

ジャンルで探す