メッシのキャリア最速&CL通算100得点で3-0快勝! バルサがチェルシー破り8強進出

 バルセロナのFWリオネル・メッシが、CL決勝トーナメント1回戦のチェルシーとの第2戦に先発し、キャリア最速ゴールと大会通算100点目という節目のゴールを決めて3-0の勝利に貢献。チームも2戦合計スコア4-1で8強進出を決めた。

メッシがキャリア最速弾とCL通算100ゴールを達成し、3-0快勝に導いた【写真:Getty Images】

メッシがキャリア最速弾とCL通算100ゴールを達成し、3-0快勝に導いた【写真:Getty Images】

エースが敵地で電光石火の一撃を含む2ゴール 2戦合計4-1で11年連続ベスト8進出

 バルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシは、現地時間14日のUEFAチャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦のチェルシーとの第2戦に先発出場し、キャリア最速ゴールと大会通算100点目という節目のゴールを決めて3-0の勝利に貢献。チームも2戦合計スコア4-1で8強進出を決めた。

 敵地での第1戦を1-1で終えて迎えたこの第2戦。バルサの本拠地カンプ・ノウで主役になったのは、やはりこの男だった。

 試合開始早々の前半3分、メッシはフランス代表FWウスマン・デンベレ、ウルグアイ代表FWルイス・スアレスとの連続パス交換で右サイドを突破して角度のない位置から右足でシュート。ベルギー代表GKティボー・クルトワの股下を抜いてゴールネットを揺らした。

 データ分析会社「オプタ」によれば、メッシのゴール時間は2分8秒で、これは同選手のキャリア最速ゴールに記録されるという。

 メッシの電光石火の一撃で先制したバルサは、同20分に追加点。カウンターからメッシのパスを受けたデンベレが右足の強烈なシュートをゴール左隅に叩き込んだ。


C・ロナウドより14試合早いスピード達成

 さらに後半18分、やや攻め込まれていた展開のなかで再びメッシが輝く。中央でスアレスからボールを受け取り、一気に加速してペナルティーエリア内左に侵入。得意の左足を振り抜くと、1点目と同様にクルトワの股間を抜く鮮やかなシュートを決めた。

 この一撃でメッシは、CL出場123試合目で節目の100ゴールに到達。レアル・マドリードのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウド(現116得点)に続く金字塔を打ち立てた。アルゼンチンの至宝は137試合で100得点と、ロナウドよりも14試合も早いスピード達成となった。

 試合はこのまま3-0で終了。2戦合計4-1と力の差を見せつけたバルセロナは、2007-08シーズンから11シーズン連続となるベスト8進出を果たした。


(Football ZONE web編集部)

ジャンルで探す