札幌ペトロヴィッチ監督、Jの進化を実感 「“金太郎飴”のように同じ戦いをしていたが…」

異国の地・日本の進化を実感「この12年間で前進していると思う」

 J1北海道コンサドーレ札幌は今季、ミハイロ・ペトロヴィッチ新監督を迎えた。サンフレッチェ広島浦和レッズを率い、来日から12年連続でJリーグのベンチに座る名将は、「Jリーグ自体は、この12年間で前進していると思う」と自身の見解を示した。

 ペトロヴィッチ監督は2006年に広島で日本での指導をスタートさせ、超攻撃型のサッカーでJリーグに新しい風を吹き込んだ。当時は「私が来た頃はどのチームを見ても金太郎飴のように同じ戦い方をしていた」という。それでも、当事者として日本サッカーに関わり続けている名将は、指導者のレベルアップを進化の理由の一つに挙げた。

「違うアイデアや違うトライをする監督さん、チームが出てきたと思っている。以前はクラシックなサッカーが非常に多かったが、違ったアイデアや哲学を持った方が監督になることで、Jリーグには変化が生まれてきていると思う。日本人の指導者は、非常に吸収する速度が速い。例えば私が毎年、同じことをしていれば、とうの昔にここからいなくなっているだろう」

 ペトロヴィッチ監督の代名詞である、前線に5人が張り着くようにポジションを取り、パスワークと連動性で崩していくスタイルには、自身の愛称を取ったミシャ・サッカーという呼称が生まれた。しかし、今のJリーグを見れば、細部に違いはあるにしても3-4-2-1を基本とし、後方からの連動性あるパスワークを志向する監督が増えたのは事実だ。

チーム作りに手応え「私は楽観視している」

 何事も、後発のものは“良いとこ取り”をしていく傾向にある。それでもペトロヴィッチ監督が、Jリーグで指揮を執り続けられているのには、理由があると話す。

「私のサッカーを分析し終えたと思った時には、新しいものをチームに投入している。そうやって前に進むことができる。そういう意味で、私もまだJリーグの中で必要とされているのだろう。札幌でも、今までになかったものを出せるのかもしれない」

 札幌では、昨季まで率いた浦和からMF駒井善成が期限付き移籍で加入。その存在を「練習でサポートになっている」としながらも、「キャンプを始めた頃から比べれば、大きな一歩は踏んでいる。自分たちのやろうとしていることは頭に思い描けている。できるだけ早く広島や浦和のレベルに持っていきたいが、チーム作りには時間がかかり、監督には時間がないものだ。それまでの道のりは決して簡単なものではない。ただ、今のチーム状況を見る限り、私は比較的、楽観視している」と手応えを感じている。

 ペトロヴィッチ監督は常々Jリーグについて、「非常に力が拮抗していて、勝敗がどう転ぶか分からない厳しいリーグだ」と発言してきた。だからこそ、札幌にも上位躍進のチャンスがあると言える。それを実現するためのポイントを、ペトロヴィッチ監督は切り出した。

「魅了するサッカーを見せていきたい」

「良いスタートを切ることだ。それによって選手たちに自信が生まれ、ポジティブなサイクルを生む。我々に可能性を生むために必要なことだ」

 広島ではリーグ連覇、浦和ではアジア制覇を果たしたチームのベースを作ってきた。名将のJリーグ12年目は、北の大地での新たな挑戦となる。それでも「攻撃的であり、観る者を魅了するサッカーを見せていきたい。その上で、結果を出すという難しい両方を追い求めていきたい」と、そのスタイルと哲学は変わらない。

 今季のJリーグで、間違いなく注目ポイントの一つになる札幌とミシャ・サッカー。その初陣となる古巣・広島との開幕戦(2月24日)のピッチには、どのような光景が広がることになるのだろうか。

轡田哲朗●文 text by Tetsuro Kutsuwada

フットボールゾーンウェブ編集部●写真 photo by Football ZONE web

ジャンルで探す