FW人類最速ボルト、GK元横綱! ブンデス公式「夢のベスト11」は異色の豪華陣容に

ブンデス公式インスタグラム英語版がサッカー以外の分野からベスト11を選出

 世界四大リーグの一つであるドイツ1部のブンデスリーガが、公式インスタグラム英語版でサッカー以外のアスリートを対象に「ベスト11」を選出。最前線には“人類最速男”の異名を取ったウサイン・ボルト、守護神には日本の相撲界から元横綱がセレクトされるなど、スポーツ界から豪華なメンバーが選ばれている。

 ブンデスリーガ公式インスタグラム英語版は13日、一枚の布陣図を投稿。「ファンタジー・イレブン」と銘打たれた画像では、4-4-2のフォーメーションで顔写真が配置されている。

「ウサイン・ボルトがトライアルに来て、我々は夢を見た。ブンデスリーガの“ノン・フットボール・イレブン”。このチームについてあなたはどう思う?」

 布陣では、1月初旬に英紙「エクスプレス」などで「3月にドルトムントのトライアルを受ける」とコメントが報じられた、男子100メートル走の世界記録保持者(9秒58)ボルトが2トップの一角を担当。その相棒には米バスケットボールのNBAから身長213センチのドイツ出身シューター、ダーク・ノウィツキーが選ばれている。

「これが今年のベストチームだ笑」

 そのほかNFL界の生きる伝説トム・ブレイディ、F1界から2017年世界王者のジョシュ・ハミルトン、テニス界からグランドスラム優勝16回を誇るラファエル・ナダル、また格闘技なども含めて多分野から名前が上がっているなか、“最後の砦”であるGKには日本の相撲界から元横綱の日馬富士(昨年11月に引退)が選ばれている。

 投稿の返信欄には、「これが今年のベストチームだ笑」「マイケル・ジョーダンはどこだ?」「ロジャー・フェデラーは?」「ハミルトンの代わりに(ミハエル・)シューマッハだ」といった、思い思いのコメントが寄せられた。十人十色の“ベストイレブン”、あなたが選ぶ11人はどのような顔ぶれになっただろうか。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images

【写真】ブンデスリーガ公式インスタグラム英語版が公開、サッカー以外の「夢のベスト11」

https://www.instagram.com/p/Bd2NyK-FBgk/?hl=ja&taken-by=bundesliga_en

ブンデスリーガ公式インスタグラム英語版が公開、サッカー以外の「夢のベスト11」

ジャンルで探す