U-23アジア選手権、日本8強へ DF板倉「小学校以来」2戦連続弾に「自分がびっくり」

第2戦でタイに1-0勝利、U-21日本代表は2連勝でグループリーグ突破

 U-21日本代表は13日のAFC U-23選手権でU-23タイ代表に1-0と勝利し、第1戦のU-23パレスチナ代表戦(1-0)に続いて2連勝でグループリーグ突破を決めた。この試合で決勝点を決めたDF板倉滉(ベガルタ仙台)は、2試合連続ゴールに「小学校以来じゃないですか」と笑いチームの勝利を喜んだ。

 引き分け濃厚のチームを救ったのは、第1戦で決勝点を奪っていた伏兵だった。試合終了間際の後半45分、MF井上潮音(東京ヴェルディ)のクロスをFW田川亨介(サガン鳥栖)がヘディングで中央に折り返すと、これを板倉が押し込む。体を投げ出したDFの上を通過してゴール上に突き刺さった。

「セットプレーの流れだったので前に残っていたんですけど、ファーにボールが行ったので、自分はその折り返しを狙おうとポジションを取っていた。(田川)亨介がすごく良いところに落としてくれたので、あとは詰めるだけでした」
 
 第1戦のU-23パレスチナ戦に続いて、これで2試合連続ゴールとなった板倉は、「自分がびっくりしている」と謙遜しつつも「小学校以来じゃないですかね(笑)」と笑顔を見せた。

「点は取れましたけど…」と反省の言葉も

 もっとも、プレー内容に関してはなかなか最後まで得点が奪えなかったチームとともに課題も多く、板倉は反省の言葉が多く口にしている。

「個人的に最後に点は取れましたけど、その前の90分間を見れば、全然安定したプレーができていなかったので反省点が多いです。もちろん相手が中を固めていたなという印象はありますけど、そのなかでどうやって崩していくかというのは、もっと試行錯誤しながらやらないといけなかったなと思います。そういうところは反省をして次に生かしていければいいと思います」

 チームは連勝でグループリーグ突破を決め、「なかなか2試合連続でゴールを取ることもないし、今年は幸先良いなという感じです」と決勝トーナメント進出を喜んだ板倉。2018年となり好調を維持するなか、今後の試合でも楽しみな存在となりそうだ。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images

ジャンルで探す