レアル、選手がリーグ優勝争い“白旗宣言” ブラジル代表MFも諦めムード「難しくなった」

ビジャレアルに0-1敗戦で4位から浮上ならず CL出場権争いを強いられる状況に

 レアル・マドリードは現地時間13日に行われたリーガ・エスパニョーラ第19節ビジャレアル戦で0-1の敗戦を喫し、本拠地サンチャゴ・ベルナベウでまたしても勝ち点3を奪えなかった。現地では危機的状況が叫ばれているが、クラブ公式サイトに掲載されたコメントで選手たちは、早くもリーグ優勝争いで“白旗宣言”とも受け取れる発言をしている。

 この日のレアルはシュート28本も放ちながら、相手GKセルジオ・アセンホのビッグセーブ、そしてエースのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドが決めきれない展開が続いた。後半42分、ビジャレアルの高速カウンターからの一刺しに沈み、勝ち点を献上。4位から浮上できず、首位バルセロナ追撃どころかUEFAチャンピオンズリーグ(CL)出場権争いを強いられる状況となっている。この敗戦を受けて、スペイン代表DFナチョはこのように話している。

「チームとしての姿勢は良かったし、試合内容としては勝っていた。ビジャレアルはポゼッションするタイプだけど、僕たちがほとんど主導権を握ったのだから。試合で何が起こっているのか理解できないよ」

 ナチョ以上に諦めムードなのはアンカーとして昨シーズン大ブレイクを遂げたブラジル代表MFカゼミーロだ。

「ファンの失望も理解している」と告白

「世の中において不可能なことはないとは思うけど、ラ・リーガは難しくなった。僕たちは全ての大会に対して照準を絞っている。僕たちはリーガでの逆襲に固執しているわけではないから」

 このように話したカゼミーロだが、「マドリードは全てにおいて戦わないといけないし、常に勝利を求められる。もちろん、ファンの失望も理解している」と苦しい胸の内を告白している。一方、ナチョも「チャンスはどんどん狭まっているけど、道はまだまだ続く。このクラブのエンブレムの誇りを守ることを楽しんでいく」とも挽回を誓った。

 白い巨人のプライドを保つために、スペイン国王杯と3連覇を目指すCLで意地を見せるしかない。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images

ジャンルで探す