スポーツ

「今の日本は韓国を見向きもしない」 韓国サッカー界の苦境に地元紙が危機感

韓国サッカーに対する日本の関心が激減した一因は…W杯最終予選の戦いぶり?

 

 韓国代表はロシア・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選でグループA・2位の座を死守し、9大会連続のW杯出場を決めた。辛うじて本大会出場権を手にしたが、地元メディアは辛辣な論調を展開。2002年日韓W杯で同代表を率いた名将フース・ヒディンク監督の再登板説も浮上するなど揺れるなか、地元紙「スポーツソウル」は韓国と日本の現状を比較。「今の日本は、韓国サッカーを意識していないだけでなく、見向きもしない」と危機感を強めている。

 

 韓国代表はW杯アジア最終予選のグループA最終戦、敵地ウズベキスタン戦で0-0と引き分け、苦しみながらも2位の座を守り抜き、本大会への切符を手にした。そんななか、スポーツソウル紙は「韓国サッカーに対する日本の関心が最近急激に減っている」と指摘。その原因の一つとして、W杯最終予選の戦いぶりを挙げた。

 

「日本も韓国のように、最終予選で苦戦を免れなかったが、結局グループB・1位でロシア行きを確定させたバヒド・ハリルホジッチ監督を肯定的に眺める声が強い」

 

 日本代表は8月31日のオーストラリア戦で2-0と勝利し、6大会連続6度目のW杯出場が決定。最終戦のサウジアラビア戦は0-1と敗れたがグループB・1位で終えた。14日発表のFIFA(国際サッカー連盟)ランキングで、日本は前回から順位を4つ上げ、ハリルジャパン最高位の40位に浮上し、アジアでは二番手をキープ。アジアトップはイラン(全体25位)、3位オーストラリア(全体50位)、4位韓国(全体51位)と続いている。

 

 

 

「対等」から「無関心」へ転落も…

 

 韓国代表チームのそうした現状に加え、AFCアジア・チャンピオンズリーグでは日本の浦和レッズと中国の上海上港が4強入りしているものの、韓国勢は全滅。同記事では「ACLでもKリーグのチームをライバルとするよりも、“荒く面倒な相手”程度に扱う。日本は韓国人たちが考えている以上に、韓国サッカーを意識していない」と触れている。

 

 さらに韓国サッカー界の置かれた状況を踏まえて、「もう日本は韓国をライバルと考えていない」と言及。かつて“アジアの虎”と恐れられた代表チームの面影は薄れ、クラブレベルでも日本の成長ぶりに舌を巻くなか、今後を危惧している。

 

「一見すると、日本と韓国のサッカーが対等になったと言うかもしれないが、興味が薄れ、それが無関心に転落してしまうかもしれないと思うと恐怖に鳥肌が立つ」

 

 韓国代表は10月10日の親善試合モロッコ戦(スイス)に向けて、メンバー23人を史上初めて海外組のみで編成した。韓国メディアが同国サッカー界の未来に危機意識を強めているなか、代表チームは文句なしの結果を残せるだろうか。

 

【了】

 

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

 

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images