スポーツ

リーガ会長、C・ロナウドの無罪と残留を願う異例発言 「これから進展すると確信している」

テバス会長がテレビ局の取材に対し、「問題を克服し、チームを信頼することを願っている」

 

 現在リーガ・エスパニョーラで最もホットな移籍の話題は、レアル・マドリードのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドの退団希望騒動だ。これを受けてスペインプロリーグ機構のハビエル・テバス会長はスペインのテレビ局「ラ・セクスタ」の取材に対して脱税疑惑への無罪、そして残留を願う異例の発言をした。

 

 レアルとバルセロナの2強に対してアトレチコ・マドリードが絡むリーガは世界的に見ても注目度が高いリーグとして君臨している。そのなかでテバス会長にとってみても、スーパースターの離脱となれば、リーガ人気に大きな影響を及ぼしてしまうとの懸念を示している。

 

「我々リーガ・エスパニョーラは最高のフットボール選手を2人持っている。それは(リオネル・)メッシ、そしてクリスティアーノ・ロナウドだ。我々としては彼らを保持していたいのだ。彼がこの問題を克服して、彼が在籍するチームを信頼することを願っている」

 

 ロナウドが移籍をほのめかした大きな要因は、テバス会長の「問題」という言葉に象徴される。2010年から2014年にかけてロナウド側が行なったとされる計18億円にのぼる脱税疑惑がある。しかし、テバス会長は「クリスティアーノ・ロナウドの周辺の人々を知れば、彼らがどれだけプロフェッショナルかを知っているし、スペイン税務局からのレポートを参照した結果……ロナウドが無実であることは疑いようがない」と真っ向から否定し、以下のようにも話している。

 

 

 

「長くリーガに所属するだろう」と熱弁

 

「我々が様々な場所に出かけると、彼らのような大きなクラブとスターがどれだけ重要かが分かる。今リーガは国際的な成長の最中にあり、(ロナウド退団となれば)来るべきシーズンに向けて大きな損失になってしまう。私個人としてはこれから進展するだろうと確信しているし、より長くのシーズンにわたってリーガに所属するだろう」

 

 このように熱弁をふるった。レアル側だけでなくリーガの会長すら言及するなど、ロナウドの影響力の多大さを感じさせる。現在コンフェデレーションズカップに参戦しているロナウドはこの騒動についてまだ口を開いていないが、リーガ重鎮からのメッセージが心変わりするきっかけになるのだろうか

 

【了】

 

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

 

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images