浦和FW興梠 7・4横浜戦でレッズ通算100得点、J1通算150得点のW快挙狙う

<浦和練習>ボールを競り合う興梠(左)と鈴木(撮影・小海途 良幹)

 浦和のエースFW興梠慎三(33)が30日、練習後にオンライン取材に応じた。7月4日のJ1再開初戦では昨季王者の横浜と対戦する。現在、浦和での通算100得点に王手、史上6人目となるJ1通算150点にもあと2点と迫っており、再開初戦での大台到達に期待がかかる。

 「勝つことが大前提だけど、試合に出るからには常にゴールは狙っていきたい」と話した。コロナ禍の影響でピッチから離れた間、他の選手がSNSなどでさまざまな発信を見せたが、興梠は「僕自身はSNSとか機械でやるのは苦手なので…。再開した時にピッチで100%やることが大切になる」。4カ月ぶりの再開を心待ちにしていた。

 横浜は圧倒的な攻撃力を持つ難敵。「簡単に勝てる相手ではない。でも引いて守るよりも前からハイプレスをかけていきたい。守るだけのサッカーはしたくない」。まずはリモートマッチ(無観客)となるが「寂しいけど、画面越しに応援してくれていると思う。100%のプレーが勇気を与える。そういう姿を見せたい」と話していた。

ジャンルで探す