法大また下克上!東京Vに続き今度はG大阪に完勝 G大阪は2年連続で大学生に苦杯

第99回天皇杯全日本サッカー選手権3回戦の16試合が14日、各地で行われ、J1のG大阪が法大(シード)に2―0で敗れる波乱があった。

2回戦ではJ2の東京Vを相手に2―0で完勝し、3回戦へ駒を進めた法大。南米選手権の日本代表FW上田綺世(20)は7月に同大のサッカー部を退部して鹿島に加入したが、大学生チームが今度はJ1を破る下克上を成し遂げた。

前半24分、大西がミドルシュートを決めて先制点を挙げると、後半25分には森岡がCKから追加点。G大阪は後半途中からFW宇佐美、アデミウソンを投入して反撃を図ったが、法大がそのまま2点のリードを守り切った。

G大阪は昨年の大会では2回戦で関西学院大に1―2で敗れており、2年連続で大学生に敗れる屈辱となった。

ジャンルで探す