Jリーグが優秀選手賞30人を発表 連覇の川崎Fから最多10人選出

Jリーグは7日、J1・18クラブの監督および選手による投票結果をもとに今季の優秀選手賞30人を決定し、発表した。2年連続2度目の優勝を果たした川崎Fからは2016年MVPのMF中村憲剛(38)、17年MVPのFW小林悠(31)やMF家長昭博(32)ら3分の1にあたる最多の10人が選出された。この30人の中から18日に開催される年間表彰式「Jリーグアウォーズ」で最優秀選手(MVP)、ベストイレブンの受賞者が決定される。

セレモニーでサポーターと喜びを爆発させる中村(中央手前)ら川崎Fイレブン

優秀選手に選出された30人は以下の通り。

【GK】クォン・スンテ(鹿島)、チョン・ソンリョン(川崎F)、東口順昭(G大阪)、権田修一(鳥栖)

【DF】西大伍(鹿島)、槙野智章(浦和)、森重真人(FC東京)、エウシーニョ(川崎F)、車屋紳太郎(川崎F)、谷口彰悟(川崎F)、奈良竜樹(川崎F)、山中亮輔(横浜)、三浦弦太(G大阪)、佐々木翔(広島)

【MF】チャナティップ(札幌)、三竿健斗(鹿島)、レオ・シルバ(鹿島)、家長昭博(川崎F)、大島僚太(川島F)、中村憲剛(川崎F)、守田英正(川崎F)、青山敏弘(広島)

【FW】鈴木優磨(鹿島)、興梠慎三(浦和)、伊東純也(柏)、ディエゴ・オリヴェイラ(FC東京)、小林悠(川崎F)、ジョー(名古屋)、ファン・ウィジョ(G大阪)、パトリック(広島)

ジャンルで探す