横浜FC カズ、最年長出場で躍動もゴールならず「あと一歩」

◇天皇杯・3回戦 横浜FC1―2横浜(2018年7月11日 ニッパツ)

15試合が各地で行われた。J2横浜FCのFW三浦知良(51)が横浜との“ダービー”に先発出場。得点には絡まなかったが、自身の天皇杯最年長出場記録を51歳4カ月15日に更新し、後半28分までプレーした。試合は延長の末、1―2で敗れ、下克上はならなかった。ともにJ1の広島―名古屋は西日本豪雨の影響で延期となった。4回戦は8月22日に行われる。

51歳のFWカズが“横浜ダービー”に先発するも、川本泰三(大阪ク)の持つ天皇杯の最年長得点(55年5月、41歳105日)更新はならず。試合もカズの交代後に2失点を喫し、逆転負けした。「(横浜)ダービーは07年以来。当時、出ていたメンバーはもう僕と中沢選手くらいかな。雰囲気は最高でした。でも勝たないと強くなっていかない。あと一歩、では駄目。それはW杯と同じ」と悔しそうだった。

ジャンルで探す