ベティスでの5季目を迎えるペジェグリーニ監督…新シーズンで通算勝利数などのクラブ記録更新なるか

マヌエル・ペジェグリーニ

 ベティスを率いるマヌエル・ペジェグリーニ監督が、2024-2025シーズン中に複数のクラブ記録を塗り替える可能性があるようだ。11日、スペイン紙『マルカ』が伝えている。

 現在70歳のペジェグリーニ監督は、1988年に母国チリのウニベルシダ・デ・チレで指導者キャリアをスタートさせると、以降は南米の複数クラブを率いて数々のタイトルを獲得。2004年夏に欧州初上陸を果たしてビジャレアルの監督に就任し、2005-2006シーズンにはクラブ史上初となるチャンピオンズリーグ4強入りを達成するなど、類稀な手腕を発揮した。その後はレアル・マドリードやマラガ、マンチェスター・シティなどの指揮官を歴任。2020年夏から指揮を執るベティスでは、コパ・デル・レイ(国王杯)優勝やクラブ初となる4季連続での欧州大会出場権獲得を成し遂げた。

 2020年7月にベティスの指揮官へと就任したペジェグリーニ監督は、2024-2025シーズンで同クラブ5季目を迎える。すでにベティスの選手たちはプレーズン始動前のメディカルチェックを終えており、開幕を照準としたトレーニングが開始。そんななか、チリ人指揮官にはクラブが築いた約120年間の歴史の中で生まれた記録を、いくつか塗り替える可能性があるという。

 まずは通算勝利数で、ペジェグリーニ監督はこれまで「92勝」を記録。ロレンソ・セラ・フェレール氏が持つ「116勝」のクラブ記録まで「24勝」となっており、2024-2025シーズン中の更新も実現可能だ。なお、50試合以上を率いたなかでの勝率に関しても、「46.7パーセント」と歴代4位であり、パトリック・オコンネル氏が持つ「48.75パーセント」のクラブ記録に僅かと迫っている。

 また、現時点でクラブ歴代最高齢の指揮官である同監督は、ベティスとの契約を2026年夏まで残しているため、2025-2026シーズンにはオコンネル氏らと並んでクラブ記録タイとなる6季目に突入する予定。ベティスの監督として臨んだ通算試合数は「197」で、3位スサ・フェレンツ氏の「198」、2位ペペ・メル氏の「202」を追い抜くことが濃厚であり、2024-2025シーズン終了時点で首位フェレール氏の「263」に肉薄する見込みだ。

ジャンルで探す