トッテナムがFWダンジュマ獲得を発表! エヴァートンから“強奪”、買取OP付きレンタル

アルノー・ダンジュマ

 トッテナムは25日、ビジャレアルからオランダ代表FWアルノー・ダンジュマが期限付き移籍で加入することを発表した。レンタル期間は今シーズン終了まで。ビジャレアルの発表によると、シーズン終了後の買い取りオプションが付随している。

 ダンジュマは元々エヴァートンへのレンタル移籍に近づいており、メディカルチェックや写真撮影も済ませていたという。しかし、書類に正式なサインが交わされる前にトッテナムが横槍を入れ、ダンジュマおよびビジャレアルと合意。“ハイジャック”で今冬最初の補強に成功した。

 1997年1月31日生まれのダンジュマは、PSVの下部組織出身。トップチームでプレーする機会は得られず、2016年夏にNECナイメヘンへと移籍した。同クラブで得点を量産し、2018年夏にクラブ・ブルッヘに加入。ベルギーでも活躍し、2019年夏にボーンマスへ完全移籍した。

 ボーンマスでの1年目はプレミアリーグの14試合に出場してノーゴールに終わったものの、2年目は2部チャンピオンシップで33試合15ゴールを記録。2021年夏にビジャレアルへのステップアップを果たした。1年目の昨シーズンは公式戦37試合で16ゴールを記録。2年目の今季はここまで17試合で6ゴールを挙げているが、キケ・セティエン監督の就任後は出場時間を減らしていた。

ジャンルで探す