日本代表がスペイン撃破!…勝ち越し弾の田中碧「ずっと前から点を取ることをイメージしていた」

 日本代表MF田中碧(デュッセルドルフ/ドイツ)が、12月1日に行われたFIFAワールドカップカタール2022・グループE第3節のスペイン代表戦を振り返った。

 前半はスペイン代表に圧倒的にボールを保持され、12分にアルバロ・モラタのヘディングシュートで先制を許した日本代表。しかし、48分に高い位置でのボール奪取から途中出場の堂安律が同点弾をマーク。さらに51分には田中が三笘薫の折り返しを押し込み逆転に成功。その後は反撃をしっかりとシャットアウトし、グループE首位で2大会連続となる決勝トーナメント進出を決めた。

 値千金の勝ち越しゴールを奪った田中は、自身のゴールシーンについて「自分を信じていましたし、ずっと前からW杯で点をとると自分の中でイメージしていたので、それを実行できて良かったです」と振り返りつつ、次のように試合を振り返った。

「ある程度ドイツ代表との試合をイメージしながらプレーしていました。前半を無失点で進めるのが理想でしたけど、失点したのは仕方がないと思いつつ、後半に律(堂安)のシュートから始まり逆転できのは、(自分たちに)力があったからなのかなと思います」

 優勝候補とも目されていたドイツ代表とスペイン代表を撃破し手にした2大会連続の決勝トーナメント進出。田中は「前回の試合(コスタリカ戦)に負けて、次に行けないんじゃないかという雰囲気が漂っていたんですけど、自分たちのことを信じていました。スタジアムや日本でたくさんの方が応援してくれたので、しっかり勝って決められて良かったと思います」とコメントしつつ、今後の戦いに向けた意気込みを次のように示した。

「誰が出ても素晴らしい選手がたくさんいるので、全員の力で勝ち取った決勝トーナメントだと思います。ただ、まだ何も成し遂げていないですし、次の試合が新たな歴史の始まりだと思うので、そこに向かってしっかりと準備をしたいと思います。ここからはどのチームも強いので、まずは自分たちにフォーカスしながら、自分たちができることをやるのが一番大事だと思います。今日は少し喜びたいと思いますけど、しっかり準備したいなと思います」

ジャンルで探す