マンCとスペイン代表に暗雲…FWフェラン、右足骨折で1カ月半の離脱か

フェラン・トーレス

 マンチェスター・Cに所属するスペイン代表FWフェラン・トーレスが、右足を負傷したようだ。14日、イギリス紙『マンチェスター・イヴニング・ニュース』やスペイン紙『マルカ』が報じた。

 F・トーレスは6日に行われたUEFAネーションズリーグ(UNL)準決勝イタリア代表戦で2ゴールを挙げたが、同試合の後半開始早々に足の違和感を訴えて途中交代。それでも、10日のUNL決勝フランス代表戦にも先発出場し、84分までプレーしていた。

 しかし、同選手はその後にマンチェスターで検査を受けた結果、右足に小さな骨折が確認された模様だ。6週間の離脱が予想されている。

 マンチェスター・Cは今後6週間に公式戦11試合を予定。カラバオ・カップ4回戦のウェストハム戦やプレミアリーグのマンチェスター・U戦、チャンピオンズリーグのパリ・サンジェルマン戦など重要な試合も控えている。

 一方でスペイン代表は、11月の代表ウィークにFIFAワールドカップカタール2022欧州予選のギリシャ代表戦とスウェーデン代表戦を予定している。スペイン代表は第6節終了時点で、首位スウェーデンと勝ち点差「2」の2位。W杯本戦ストレートインに向けて絶対に勝たなければいけない状況の中、F・トーレスを欠くことになりそうだ。

 現在21歳のF・トーレスは昨季からマンチェスター・Cでプレーしており、ここまで公式戦通算43試合の出場で16ゴールをマークしている。また、スペイン代表では2020年9月にデビューを飾り、ここまで22試合の出場で12ゴールを挙げている。

ジャンルで探す