サウサンプトンFWアダムスがリーズ戦欠場…ハーゼンヒュットル監督が明言

 サウサンプトンのラルフ・ハーゼンヒュットル監督が、スコットランド代表FWチェ・アダムスのリーズ戦欠場を明言した。イギリスメディア『スカイスポーツ』が伝えている。

 現在25歳のアダムスはスコットランド代表として招集され、10月のインターナショナルマッチウィークを戦っていたが、負傷によりFIFAワールドカップカタール2022欧州予選グループF第8節のフェロー諸島戦を欠場していた。

 ハーゼンヒュットル監督は会見で、「深刻ではないが、今週末の試合(リーズ戦)には間違いなく参加できないだろう」とアダムスの欠場を明言した。続けて、ほかの負傷者については「まだ全員が戻ってきてはいないけど、他の選手についてはポジティブな報告を受けている」と明かした。

 また、同監督はリーズ戦自体についてもコメント。カウンターの打ち合いになると語り展望を語った。

「お互いにプレッシャーをかけ合うだろうから、中立的な立場の人にとっては、ミスの多い試合を観ることになるだろう。5つ星のディナー(のような試合)は見られず、セカンドボール争いばかり見られるだろうね。これが彼らの戦い方で、激しい戦いが予想されるから、正しい答えを見つけなければならない」

「彼らは、いつもボールの後ろに多くの選手を配置し、本当に危険にさらされないチームだ。先制点を取った方が有利になる。両チームともカウンターアタックを狙っているし、そのためのスペースが生まれるからね」

ジャンルで探す