負傷から復帰直後の古橋亨梧、W杯予選に臨む日本代表に追加招集

古橋亨梧

 日本サッカー協会(JFA)は1日、FIFAワールドカップカタール2022アジア最終予選の日本代表のメンバーにセルティック所属のFW古橋亨梧を追加招集したと発表した。

 古橋は9月7日に行われたアジア最終予選の中国代表戦で右ひざを負傷。クラブ帰還後も欠場が続いていたが、9月30日に行われたヨーロッパリーグのレヴァークーゼン戦で先発し、戦列に復帰していた。

 日本代表は7日にアウェイでサウジアラビア代表、12日にホームでオーストラリア代表と対戦する。

ジャンルで探す