PSG、エンバペ退団ならエヴァートンFWリチャーリソン獲得へ…東京五輪では得点王

 パリ・サンジェルマン(PSG)は今夏、エヴァートンに所属するブラジル代表FWリチャーリソンの獲得に動く可能性があるようだ。27日付けでイギリスメディア『スカイスポーツ』が報じている。

 今回の報道によると、フランス代表FWキリアン・エンバペがレアル・マドリードへ移籍する可能性が高まっているPSGは、同選手の後釜としてリチャーリソンをリストアップした模様。エヴァートンと2024年まで契約を残しているブラジル代表FWの獲得へ向け、取引を始める可能性が高まっているようだ。

 現在24歳のリチャーリソンは2018年にエヴァートンへ加入すると、3シーズン連続で公式戦2桁ゴールを記録。すでにブラジルのフル代表としてもプレーしており、またU-24ブラジル代表として“10番”を背負い出場した東京オリンピックでは、大会得点王(5ゴール)に輝く活躍で金メダル獲得にも貢献した。

 PSGのナセル・アル・ケライフィ会長は26日、報道陣に対し「毎回、同じことを繰り返すつもりはない。我々の意思は変わらない」とエンバペの放出へ否定的な姿勢を示した。しかし、 同クラブのレオナルドSD(スポーツディレクター)は同選手の移籍希望を明らかにしており、今夏の移籍市場が閉幕する31日まで、その去就に注目が集まっている。

ジャンルで探す