各地で感染急拡大 新型コロナ最新情報

シュクリニアル決勝弾!…スロヴァキア、レヴァンドフスキ封じ10人のポーランド撃破

 EURO2020・グループE第1節が14日に行われ、ポーランド代表とスロヴァキア代表が対戦した。

 4大会連続4回目の出場となったポーランドは、キャプテンで絶対的エースのロベルト・レヴァンドフスキやグジェゴシュ・クリホヴィアクらが先発出場。大会最年少出場記録がかかった17歳のカツペル・コズラウスキはベンチスタートとなった。一方、前回初出場でベスト16に入ったスロヴァキアは、主将のマレク・ハムシクやミラン・シュクリニアルがスタメン入りした。

 試合はポーランドが立ち上がりから主導権を握ったが、先制に成功したのはスロヴァキアだった。18分、左サイドのローベルト・マクが2人に囲まれながらも突破し、ペナルティエリア左で右足を振り抜く。シュートは左ポストとGKヴォイチェフ・シュチェスニーの体に当たってゴールに吸い込まれた。記録ではシュチェスニーのオウンゴールとなり、大会史上初となるGKのオウンゴールとなった。

 前半苦戦したポーランドは1点ビハインドのまま折り返したが、後半は開始約30秒で反撃が実る。46分、マテウシュ・クリヒがエリア左へスルーパスを送ると、マチェイ・リブスが抜け出してマイナスに折り返す。これを中央のカロル・リネッティが左足でゴール右隅に流し込み、同点ゴールを決めた。

 しかし、ポーランドは62分にクリホヴィアクがヤクブ・フロマダへのファールで2枚目のイエローカードを受けて痛恨の退場。約30分を残して10人となる苦しい展開となった。すると、数的優位のスロヴァキアが69分に勝ち越す。右CKでニアのハムシクが頭で後方に流すと、中央で受けたシュクリニアルが右足シュートを突き刺して再びリードを奪った。

 その後は10人のポーランドが同点を狙うが、最後まで得点は生まれず。試合はこのまま終了し、スロヴァキアが競り勝って白星スタートを飾った。次節、ポーランドは19日にスペイン代表と、スロヴァキアは18日にスウェーデン代表と対戦する。

【スコア】
ポーランド代表 1-2 スロヴァキア代表

【得点者】
0-1 18分 オウンゴール(ヴォイチェフ・シュチェスニー)(スロヴァキア)
1-1 46分 カロル・リネッティ(ポーランド)
1-2 69分 ミラン・シュクリニアル(スロヴァキア)

ジャンルで探す