10都道府県に緊急事態宣言 6月20日まで

セルビアに勝利も鎌田大地は反省を口に「前半は全然納得行くゲームではなかった」

 日本代表MF鎌田大地がセルビア代表戦後の取材に応じた。

 日本代表は11日、キリンチャレンジカップ2021でセルビア代表と対戦。前半は強度の高いブロックやフィジカルに苦しんだが後半の立ち上がりにセットプレーから伊東純也が得点。後半はオープンな展開となりゴールに迫った。ネットを揺らすことはできなかったもののチャンスを作り1-0で勝利した。

 中盤でタクトを振った鎌田は「前半からもっとしっかりプレーしようとするべきだったと思う」と反省。「後半は修正できたけれど、いいチームだけどこういうセルビア相手には普通にできないと駄目だと思うし、前半は全然納得行くゲームではなかったです」とコメントし「少しレベルが上った相手に対してもっと勇敢に前にボールを付けたり、取った瞬間もっとファーストボールを前につけないと、前につければビッグチャンスになったシーンはたくさんあったし、まだまだそういうところは向上していかなきゃいけない部分。選手が要求していかなきゃいけない部分だと思います」と振り返った。

 また、これまでの試合とも比較し、改善の余地を口にしている

「やっぱり今のサッカーの主流というか、年々フットボールは前からいいプレッシングをして時間をかけずに点を取るのが主流のチームが多い。自分たちも前からプレスを掛けて良い攻撃をしたいから前から行っているのに、それで奪ってから落ち着いちゃうとなんのために前から行っているのかがわからない。あれでワントップにいいボールが入れば一気に2列目の選手がスプリントして前にすすめるし、日本代表もそれを狙っているので、そういう部分はまだまだ向上できると思います。僕につけろというわけではなくて前線の選手にワンタッチで前につけることで後半はいいチャンスもできていたので、自分たちが目指すのはそこだと思います」

ジャンルで探す