パラグアイに2ゴール…なでしこ攻撃陣を牽引した岩渕真奈「率直に勝ってよかった」

 なでしこジャパン(日本女子代表)は8日、国際親善試合でパラグアイ女子代表と対戦した。

 約1年ぶりの代表としての対外試合はユアテックスタジアム仙台で開催。6分に南萌華がネットを揺らしたのを皮切りに大量得点をあげ、7-0で完勝をおさめた。この試合で2ゴールを記録したFW岩渕真奈が試合後の取材に応じた。

「率直に勝ってよかった」と第一声。まず試合で得た課題については「自分たちが意図を持ってもう少しボールを動かして差し込んだり、クロスへの入り方だったりはもっと上げないといけない部分。最初手こずった感はあったが、その中で7点を取って勝てたことはよかった」と立ち上がりを指摘しつつ、自身のファーストゴール、チーム2点目を「(三浦)成美がいい形で持って、こっちを見てくれていたので、DFの間にいいパスをくれた。もう少し自分がいいところにトラップできたら、もっときれいなゴールだったと思うが、最後は押し込めてよかったです」と振り返っている。

 試合中の流動性について問われた同選手は次のようにコメントしている。

「鹿児島合宿では自分はいなかったが、DFが掴みにくい位置に立とうと話していたようで、そこまでこうなったら、こうという形はなかったですが、皆で流動的にいい形でボールに絡んでいけたと思っています」

「あれが日本の生命線というか。自分たちの立ち位置次第。もうプレッシャーが強い相手に対しても、これを100%でできないといけないと思います」

 後半には岩渕に2得点目が訪れた。縦パス一本でチャンスを作り出し押し込んだ同選手は「ハーフタイムに対角線の裏を意識しようという話があり、(宝田)沙織も飛距離があるボールを蹴れる選手なので、何回か自分も動き出していた中で、蹴ってくれた。沙織のゴールにしようか迷って体を入れていたんですが、相手に押されて。ミスもありましたが、いい形だったと思います」と振り返っている。

ジャンルで探す