4都府県の緊急事態宣言延長 愛知・福岡も追加

アルゼンチン戦フル出場の渡辺皓太、自身の課題を痛感「何もさせてもらえなかった印象」

渡辺皓太

 27日、U-24日本代表MF渡辺皓太横浜F・マリノス)がオンラインでの取材に応じた。

 26日に行われたU-24アルゼンチン代表との一戦でボランチとしてフル出場した渡辺は、同試合を振り返って「ボールを取れそうなところが取れなかったりして、(手応えは)全くないというか、何もさせてもらえなかった印象です」と率直な感想を口に。そして内容を振り返ると「前半はボールを持てましたが、後半はビッグチャンスというところまでいけませんでした。ボールを持たされる感覚もありましたし、(アルゼンチンは)試合運びが上手いと思います」と語った。

 今シーズン、ここまで横浜FMで公式戦6試合に出場を果たしている渡辺だが、Jリーグとの違いについても「自分が飛び込んだら逆を取られる感覚があって、なかなかボールを奪いにいけず、常に余裕を持ってプレーされてしまいました。もう一歩素早く寄せることが必要だと感じています」と、その感覚について言及。

 そして自身の今後の課題については「多くボールに触ったり、中継役としてボールをいっぱい触って、前方向にボールをつけられれば。そこが攻撃の課題です。守備はもっと予測だったり、球際の部分は伸ばさないといけない部分だと思います」と語った。ただ、そんな中でも「前半に守備でガツッといけなかった部分でも、後半に割り切ってできましたし、その意識は強くありました」と前向きな姿勢も示している。

 U-24日本代表は、30日にU-24アルゼンチン代表と再び対戦する。

ジャンルで探す