リーグ8戦無敗で首位浮上…スパーズ指揮官はチームを称える「選手たちは素晴らしかった」

 トッテナムのジョゼ・モウリーニョ監督が、リーグ戦について語った。22日付けでイギリスメディア『スカイスポーツ』が報じている。

 21日に行われたプレミアリーグ第9節でマンチェスター・Cをホームに迎えたトッテナムは、2ー0で勝利。そしてジョゼップ・グアルディオラ監督率いるチームに勝利したモウリーニョ監督は、暫定ながら“スパーズ”を2014年8月以来となるリーグ戦の首位に導いた。試合後のインタビューに応じたモウリーニョ監督は、今回の結果について以下のように語っている。

「トッテナムの選手たちは素晴らしかった。彼らは戦略に従い、それぞれが重要な役割を遂行したんだ。この上ない結果をもたしてくれたと思っている」

「相手をリスペクトし、彼らのスタイルを頭に入れてプレーすることが重要だった。ただ、今回シティは戦略的に優れたチームに敗れてしまった。とはいえ、今後もシティがシティであることに変わりはない」

「我々としてはもちろんより多くの得点が必要だったし、チャンスが少なく感じられた。しかし、相手がボールを保持することは分かっていたから、効果的なプレーを見せられたと思うよ」

 リーグ戦で8試合負けなしとなったトッテナムの次節は29日。アウェイでチェルシーと対戦する。

ジャンルで探す