首位徳島が4連勝、2位福岡も白星…3位長崎はエジガル2戦連発など5得点大勝/J2第33節

 明治安田生命J2リーグ第33節が11日に行われた。

 首位の徳島ヴォルティスは、ホームで栃木SCと対戦。徳島は53分、渡井理己の折り返しが相手の禹相皓に当たってゴールに吸い込まれ、オウンゴールで先制する。75分には岸本武流のクロスに垣田裕暉が頭で合わせて、徳島がリードを広げる。試合はこのまま終了し、徳島は4連勝で勝ち点を「68」に伸ばした。

 前節の敗戦で徳島との勝ち点が「3」に開いてしまった2位アビスパ福岡は、ホームでFC琉球と対戦した。福岡は31分、右サイドからのクロスに反応した山岸祐也が、トラップからボレーを放ってネットを揺らす。琉球の守備陣は山岸がコントロールした際に手を使っていたとアピールしたものの、ゴールは認められて福岡が先制する。1点のリードで折り返した福岡は73分、中盤でのボールカットから素早く展開すると、山岸がこの試合2点目を決めてリードを広げる。福岡は77分にコーナーキックから追加点を奪い、後半アディショナルタイムに1点を返されたものの、3-1で勝利した。

 福岡を勝ち点差「2」で追う3位V・ファーレン長崎は、ファジアーノ岡山をホームに迎えた。長崎は前半に氣田亮真が2ゴールを挙げ、リードで試合を折り返す。後半開始早々に点差を広げると、さらにエジガル・ジュニオが2試合連続ゴール、ビクトル・イバルボが5試合ぶり今季3ゴール目を記録。5-0の大勝を収め、連勝を「4」に伸ばした。

 ジュビロ磐田と対戦したアルビレックス新潟は、鄭大世のゴールで先制したものの、90分に追いつかれて1-1で引き分けた。ヴァンフォーレ甲府は水戸ホーリーホックを2-0で下して3連勝となり、新潟をかわして4位に浮上した。また、6位のギラヴァンツ北九州は愛媛FCを3-1で下し、3試合ぶりの白星を手にしている。

■試合結果

山形 2-1 大宮
町田 1-0 山口
甲府 2-0 水戸
松本 2-3 千葉
金沢 1-0 群馬
京都 1-2 東京V
徳島 2-0 栃木
福岡 3-1 琉球
北九州 3-1 愛媛
長崎 5-0 岡山
磐田 1-1 新潟

■順位表

1位 徳島ヴォルティス(勝ち点68/得失点差+29)
2位 アビスパ福岡(勝ち点65/得失点差+15)
3位 V・ファーレン長崎(勝ち点63/得失点差+21)
4位 ヴァンフォーレ甲府(勝ち点55/得失点差+9)
5位 アルビレックス新潟(勝ち点53/得失点差+12)
6位 ギラヴァンツ北九州(勝ち点53/得失点差+10)
7位 モンテディオ山形(勝ち点48/得失点差+12)
8位 京都サンガF.C.(勝ち点47/得失点差+2)
9位 ジュビロ磐田(勝ち点46/得失点差+6)
10位 栃木SC(勝ち点46/得失点差+2)
11位 東京ヴェルディ(勝ち点45/得失点差+4)
12位 ツエーゲン金沢(勝ち点43/得失点差-3)
13位 ファジアーノ岡山(勝ち点43/得失点差-6)
14位 水戸ホーリーホック(勝ち点42/得失点差+4)
15位 FC町田ゼルビア(勝ち点39/得失点差-5)
16位 ジェフユナイテッド千葉(勝ち点39/得失点差-6)
17位 大宮アルディージャ(勝ち点39/得失点差-11)
18位 FC琉球(勝ち点36/得失点差-10)
19位 松本山雅FC(勝ち点36/得失点差-14)
20位 ザスパクサツ群馬(勝ち点30/得失点差-27)
21位 愛媛FC(勝ち点27/得失点差-20)
22位 レノファ山口FC(勝ち点27/得失点差-24)

■次節の対戦カード
▼11月15日(日)
13:00 岡山 vs 岩手
13:00 愛媛 vs 甲府
14:00 山形 vs 徳島
14:00 水戸 vs 京都
14:00 大宮 vs 金沢
14:00 町田 vs 松本
14:00 新潟 vs 千葉
14:00 山口 vs 福岡
14:00 長崎 vs 琉球
15:00 北九州 vs 栃木
19:30 群馬 vs 東京V

ジャンルで探す