遠藤渓太が途中出場のウニオン、先制するも開幕3連敗のシャルケとドロー

 ブンデスリーガ第4節が18日に行われ、遠藤渓太が所属するウニオン・ベルリンとシャルケが対戦した。遠藤は2試合連続のベンチ入りし、後半アディショナルタイム2分に途中出場を果たした。

 シャルケが開幕3連敗で低迷を極める一方、ウニオン・ベルリンは12位に位置しており、まずまずの出だしを切っている。巻き返しを図りたいシャルケが、前節のマインツ戦に4得点で快勝したウニオン・ベルリンをホームに迎えた。

 立ち上がりはシャルケが主導権を握る展開となるが、なかなかシュートまで持ち込むことはできない。徐々にリズムをつかむウニオン・ベルリンは17分、マックス・クルーゼのスルーパスからロベルト・アンドリッヒがシュートに持ち込むが、相手ディフェンダーにブロックされた。さらにウニオン・ベルリンは21分、右サイドからのクロスにアンドリッヒがヘディングで合わせるが、相手ディフェンダーに阻まれた。

 シャルケは31分、ベニト・ラマンが右サイドへのカットインからシュートを放つが、これはディフェンダーに当たり、枠を越えた。無得点で後半へ折り返したウニオン・ベルリンは55分、右サイドのクロスにマーヴィン・フリードリヒが合わせ、先制する。シャルケは69分、左サイドのCKにゴンサロ・パシエンシアが合わせ、試合を振り出しに戻した。

 アウェーのウニオン・ベルリンが試合を優位に運んだが、勝ち越すことはできず、試合はこのまま終了。シャルケは昨季から、ブンデスリーガ20試合未勝利となっている。ウニオン・ベルリンは3試合無敗を維持している。

 次節、シャルケは24日にアウェーでドルトムントとのルール・ダービーを控えており、ウニオン・ベルリンは同日にホームでフライブルクと対戦する。

【スコア】
シャルケ 1-1 ウニオン・ベルリン

【得点者】
0-1 55分 マーヴィン・フリードリヒ(ウニオン・ベルリン)
1-1 69分 ゴンサロ・パシエンシア(シャルケ)

ジャンルで探す