アウクスブルク、3選手をフリー移籍で獲得…シャルケMFカリジューリら

 アウクスブルクは29日、元イタリア代表MFダニエル・カリジューリ、ドイツ人MFトビアス・シュトローブル、元ポーランド人GKラファウ・ギキエヴィツをフリートランスファーで獲得したと発表した。

 なお、カリジューリとシュトローブルの契約は2023年6月30日まで、ギキエヴィツの契約は2022年6月30日までとなる。

 現在32歳のカリジューリは、シャルケから加入する。2009年にフライブルクでプロデビューを果たすと、2013年夏にヴォルクフスブルクへ完全移籍し、2017年夏にシャルケへ完全移籍した。2014-15シーズンにはDFBポカールを制覇し、チャンピオンズリーグ(CL)とヨーロッパリーグ(EL)での経験も豊富。今季は公式戦30試合に出場し、4得点5アシストをマークした。

 現在30歳のシュトローブルは、ボルシアMGから加入する。2012年2月にホッフェンハイムでプロデビューを果たし、2016年夏にボルシアMGへフリー移籍した。同クラブではCL本戦出場も経験したが、度重なる筋肉系トラブルにも悩まされ、公式戦出場は通算83試合に留まった。

 現在32歳のギキエヴィツは、ウニオン・ベルリンから加入する。キャリア序盤はポーランドの中堅クラブを渡り歩き、2014年にブラウンシュヴァイクでドイツ初上陸。フライブルクを経て、昨年夏にウニオン加入した。ウニオンでは公式戦通算75試合に出場し、クラブのブンデス1部初昇格と今季の1部残留に貢献した。

ジャンルで探す