3トップが揃い踏み!…リヴァプール、敵地4発快勝で2年連続のCL準決勝進出

 チャンピオンズリーグ(CL)準々決勝セカンドレグが17日に行われ、リヴァプールはアウェイでポルトに4-1で勝利。2試合合計6-1でベスト4入りを決めた。

 試合は、第1戦で0-2の敗戦を喫したポルトが立ち上がりから相手ゴールに迫る。1分、ヘスス・マヌエル・コロナがペナルティエリア右に切り込んで左足を振り抜いたが、シュートはわずかに枠の上。15分にはアレックス・テレスからのクロスにエリア中央のムサ・マレガが左足ボレーで合わせたが、これは枠を捉えなかった。

 するとリヴァプールは26分、モハメド・サラ―がエリア左でキープしてシュートを放つと、ファーに飛び込んだサディオ・マネが右足で合わせてゴールネットを揺らしたが、これはオフサイドの判定。しかしVAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)介入の結果、28分にゴールが認められ、リヴァプールが先制に成功した。

 後半に入って65分、右サイドのトレント・アレクサンダー・アーノルドが前線へ絶妙なスルーパスを送ると、抜け出したモハメド・サラ―がGKとの1対1を冷静に沈め、リヴァプールが追加点を挙げた。

 ポルトは2試合合計4点ビハインドとなったが、直後の69分に左CKからエデル・ミリトンがヘディングシュートを叩き込み、意地の1点を返す。しかしリヴァプールは77分、ロベルト・フィルミーノがジョーダン・ヘンダーソンのクロスに頭で合わせて再び2点差に広げる。

 リヴァプールは84分、左CKをニアのマネが頭ですらし、ファーでフリーのフィルジル・ファン・ダイクがヘディングで押し込んで追加点。試合はこのままタイムアップを迎え、リヴァプールが敵地でも快勝を収め、2年連続となるCLベスト4に駒を進めた。準決勝ではバルセロナと対戦する。

【スコア】
ポルト 1-4(2試合合計:1-6) リヴァプール

【得点者】
0-1 26分 サディオ・マネ(リヴァプール)
0-2 65分 モハメド・サラ―(リヴァプール)
1-2 69分 エデル・ミリトン(ポルト)
1-3 77分 ロベルト・フィルミーノ(リヴァプール)
1-4 84分 フィルジル・ファン・ダイク(リヴァプール)

【スターティングメンバー】
ポルト(4-3-3)
カシージャス;E・ミリトン、フェリペ、ペペ、A・テレス;オタヴィオ(46分 ソアレス)、ダニーロ、エレーラ;マレガ、コロナ(78分 フェルナンド)、ブラヒミ(81分 B・コスタ)

リヴァプール(4-3-3)
アリソン;A・アーノルド(66分 ゴメス)、マティプ、ファン・ダイク、ロバートソン(71分 ヘンダーソン);ワイナルドゥム、ファビーニョ、ミルナー;サラー、オリジ(46分 フィルミーノ)、マネ

ジャンルで探す