川崎、今季初の連勝ならず…知念の2戦連続弾で追い付くもC大阪とドロー

知念慶

 明治安田生命J1リーグ第6節が5日に行われ、川崎フロンターレとセレッソ大阪が対戦した。

 先制したのはアウェイのC大阪。22分、高い位置でボールを受けた柿谷曜一朗が、相手DFの寄せが甘くなった隙を突いてペナルティエリア手前左から右足を振り抜く。グラウンダーのシュートがゴール左下に吸い込まれた。

 追いかける川崎は決定機を作ることができずにハーフタイムを迎えたが、後半立ち上がりに追いつく。49分、エリア内で粘った知念慶が右足のシュートをゴール左に蹴り込んだ。その後は川崎が押し気味に進めると82分には途中出場の小林悠が裏に抜け出して決定機を迎えたが、シュートはGKに阻まれた。

 試合はこのまま2-2でタイムアップ。前節、今季初勝利を挙げた川崎だったが、連勝とはならなかった。次節、川崎はアウェイでサガン鳥栖と、C大阪はホームで北海道コンサドーレ札幌と対戦する。

【スコア】
川崎フロンターレ 1-1 セレッソ大阪

【得点者】
0-1 22分 柿谷曜一朗(C大阪)
1-1 49分 知念慶(川崎)

【スターティングメンバー】
川崎フロンターレ(4-2-3-1)
チョン・ソンリョン;鈴木雄斗、奈良竜樹、谷口彰悟、登里享平;守田英正、田中碧;家長昭博、中村憲剛(80分 長谷川竜也)、阿部浩之(88分 L・ダミアン);知念慶(73分 小林悠

セレッソ大阪(3-4-2-1)
キム・ジンヒョン;片山瑛一、ヨニッチ、木本恭生;松田陸(51分 山下達也)、デサバト(70分 奥埜博亮)、ソウザ、丸橋祐介;清武弘嗣(88分 田中亜土夢)、柿谷曜一朗都倉賢

ジャンルで探す