スアレス2発!…バルサがクラシコ制し国王杯決勝進出、5連覇に王手

 コパ・デル・レイ(国王杯)準決勝セカンドレグが27日に行われ、バルセロナがアウェイでレアル・マドリードに3-0で勝利した。

 国王杯でのクラシコ第1戦はバルセロナのホームで1-1のドローで終了。レアルは第1戦からスタメンを2名を変更し、マルセロとマルコス・ジョレンテの代わりに、セルヒオ・レギロンとカゼミーロを起用した。一方のバルセロナは3名変更し、アルトゥール、マルコム、フィリペ・コウチーニョに代えて、セルジ・ロベルトリオネル・メッシウスマン・デンベレが先発メンバーに名を連ねた。

 前半はレアルが攻勢に出た。ヴィニシウス・ジュニオールが19分にペナルティエリア中央フリーで右足シュート、22分にもゴール前でこぼれ球に反応したが、どちらも得点にはつながらず。37分にはカリム・ベンゼマがエリア中央フリーで左足シュートを放ったが、GKマルク・アンドレ・テア・シュテーゲンの好セーブに阻まれた。38分にもヴィニシウスがレギロンのクロスに左足で合わせたが、シュートはクロスバー上に外れた。

 バルセロナは劣勢を強いられていたが、後半最初のチャンスをものにする。50分、デンベレがエリア左へ突破して折り返すと、ルイス・スアレスが右足で合わせて先制点を奪った。1点を追うレアルは62分、ヴィニシウスのクロスにレギロンがダイビングヘッドで合わせたが、GKテア・シュテーゲンにセーブされる。67分にもヴィニシウスがドリブルでエリア左へ切り込みシュートを打ったが、枠を捉えられず。

 レアルが反撃に出ていたが、再びスコアを動かしたのはバルセロナだった。70分にデンベレがエリア右へ突破してグラウンダーのクロスを入れると、相手DFラファエル・ヴァランのオウンゴールを誘って追加点。さらに72分にはスアレスがエリア内でカゼミーロからファールを受けてPKを獲得。キッカーのスアレスはパネンカ(チップキック)でネットを揺らし、決定的な3点目を奪った。試合はこのまま終了。バルセロナが6年連続の決勝進出を果たし、5連覇に王手をかけた。

 レアル・マドリードとバルセロナは3月2日に行われるリーガ・エスパニョーラ第26節でも対戦する。

【スコア】
レアル・マドリード 0-3(2戦合計:1-4) バルセロナ

【得点者】
0-1 50分 ルイス・スアレス(バルセロナ)
0-2 69分 オウンゴール(ラファエル・ヴァラン)(バルセロナ)
0-3 73分 ルイス・スアレス(PK/バルセロナ)

【スターティングメンバー】
レアル・マドリード(4-3-3)
ナバス;カルバハル、ヴァラン、S・ラモス、レギロン;モドリッチ、カゼミーロ(75分 バルベルデ)、クロース;L・バスケス(68分 ベイル)、ベンゼマ、ヴィニシウス(81分 アセンシオ)

バルセロナ(4-3-3)
テア・シュテーゲン;N・セメド、ピケ、ラングレ、J・アルバ;S・ロベルト、ブスケツ(86分 アルトゥール)、ラキティッチ;メッシ、スアレス(78分 ビダル)、デンベレ(75分 コウチーニョ)

ジャンルで探す