鎌田大地がメキシコ代表GKオチョアを翻弄! 今季10ゴール目で得点王に迫る

鎌田大地

 MF鎌田大地、日本代表MF遠藤航、同代表DF冨安健洋の所属するシント・トロイデンは、8日に行われたジュピラー・プロ・リーグ第18節でスタンダール・リエージュと対戦し、1-1ドローで試合を終えた。なお、鎌田と冨安は先発フル出場。遠藤はベンチ入りも出番がなかった。

 試合は拮抗。しかし、前半アディショナルタイムに試合を動かしたの鎌田だった。サミュエル・アサモアからのパスを巧みに受けた鎌田はDFを抜き去ると、柔らかいタッチのドリブルからメキシコ代表GKのギジェルモ・オチョアを翻弄する見事なプレーを披露。華麗に抜き去り、今シーズンリーグ10得点目を決めた。

 チームはドローに持ち込まれ連勝は「4」でストップ。なお、得点ランキング首位のイヴァン・サンティニ(アンデルレヒト)とムバワナ・サマッタ(ヘント)の得点数は「11」。鎌田と得点王の差は「1」に迫っている。

ジャンルで探す