ペップ、モウリーニョ監督の手腕を称賛「タフな時間に対応できる」

マンチェスター・ダービー

 マンチェスター・Cの指揮官を務めるジョセップ・グアルディオラ監督は、11日に行われる“マンチェスター・ダービー”を前に、マンチェスター・Uを率いるジョゼ・モウリーニョ監督にコメントを残した。10日にイギリスメディア『スカイスポーツ』が報じている。

 同クラブは今シーズン無敗を守っており、マンチェスター・Uと勝ち点「9」差をつけている。そのため、先週末までは多くのメディアやファンが“マンチェスター・ダービー”を制するのは王者マンチェスター・Cであると予想していた。しかし、7日に事態は一転。マンチェスター・Uがアウェイでのチャンピオンズリーグ(CL)ユヴェントス戦で逆転勝利を飾り、周囲の雰囲気を一変させている。

 グアルディオラ監督は試合前日記者会見に臨むと、モウリーニョ監督へのリスペクトを語った。

「私はジョゼ(・モウリーニョ)だけでなく、すべての監督を尊敬している。監督が困難な状況にいるときは特にね」

「一方で、私はすべての監督を打ち負かしたいと思っている。私たちはただの仲良し友達ではないからね。ただ、同じ立場であり、苦しむ時期は私にも遅かれ​​早かれ来るだろう」

「特に私は、試合に負けタフな時間に対応できる監督を称賛している。(ジョゼと)私はその点では似ているね」

「私たちの期待は非常に大きいんだ。勝利しなければ終わり。私たちはすべてのタイトルを獲得しなければならない」

ジャンルで探す