スポーツ

マンチーニ氏がダービー展望、インテルに期待…ミランは「リスクを冒す」

 元インテル指揮官で、現在はゼニト(ロシア)を率いるロベルト・マンチーニ監督が、14日に行われる“ミラノ・ダービー”の展望を語った。

 イタリア紙『コリエレ・デッロ・スポルト』のインタビューに応じたマンチーニ監督は、「インテルが素晴らしい試合をすることを望んでいる。彼らは良いスタートを切った。以前から強いチームであり、ミランほどメンバーは変化していない。一方のミランは、少し苦しんでいるね。全てが正しく動くには時間が必要だ。それでもクラブは、移籍市場で見事な仕事をした」とコメント。双方のクラブについて見解を語った。

 そして、国際Aマッチウイーク明けに迎えるダービーマッチについて「最も影響力のある試合だ。プレッシャーは当然、感じられる。しかし、結局のところ“勝ち点3の試合”でもある。インテルがミランに勝てば、差は10に開くね。結構な勝ち点差になる。だから、ミランは何かしらリスクを冒すと私は思っている」と予想している。

 日本代表DF長友佑都のインテルはセリエA開幕7試合を終えて6勝1分けの勝ち点「19」で3位。一方のミランは4勝3敗の勝ち点「12」で7位となっている。