伊東純也のパーフェクトデビューにファンの期待は高まるばかり。ランスは決定力のあるウインガーを欲していた

 推定1000万ユーロ(約14億円)の移籍金で、ゲンク(ベルギー)からリーグ・アンのスタッド・ランスに移籍した伊東純也の新天地デビューは、ほぼパーフェクトだった。

 入団発表からわずか3日後の8月1日に行なわれた、本拠地スタッド・オーギュスト・ドローヌにセリエAのサッスオーロを迎えたプレシーズンマッチ。4−3−3の右ウイングで先発した伊東は開始早々、ファーストタッチでFWエル・ビラル・トゥーレに絶好の縦パスを供給。惜しくもこの好機はトゥレのシュートがGKにブロックされたが、前半30分、すかさず本領を発揮する。

 自陣深い位置でMFマーシャル・ムネツィがボール奪取すると、敵陣右サイドに大きくクリア。タッチを割るかに見えたそのボールに追いついた伊東は、そのまま広大なスペースをスピードに乗ったドリブルで前進し、ゴール前に走り込んだフリーのFWミッチェル・ファン・ベルヘンに完璧なクロスを送って、先制ゴールをアシストして見せた。


名刺代わりのアシストでファンの心を早くも掴んだ伊東純也

 まだわずかな時間しかともに過ごせていないチームメイトに対して、自らの特徴を認知させ、地元サポーターに対しては、今年1月に加入したスウェーデン代表MFイェンス・カユステ(FCミッティラン→)と並ぶクラブ史上最高額の移籍金に見合った即戦力であることを証明。名刺代わりのお膳立てとは、まさにこのことだ。

 ところが試合後、前半で退いた伊東が負傷していたことが判明。現地の報道によれば、8月7日の開幕戦(マルセイユ戦)を含めた1〜2試合を欠場すると見られている。

 鮮烈なデビュー戦アシストから一転、思わぬ負傷によって風向きが変わってしまったわけだが、それでも伊東に対する周囲の期待は高まるばかりだ。

 たとえば、フランスの大手スポーツ紙『レキップ』は、リーグ・アンの注目ニューカマー10人のなかに伊東をセレクトし、「177cmという平均的な身長ながら、精力的かつ速さがあるうえ、確かなビジョンと自ら打開するテクニックも持ち合わせている」と評価。1000万ユーロと引き換えにチームを率いるオスカル・ガルシア監督が右サイドの解決策として獲得した、と紹介している。

アシスト王の伊東に白羽の矢

 実際、そんな伊東がチームから求められているのは、目に見える"結果"だ。

 1950年代にサッカー史に名を刻むFWジュスト・フォンテーヌやFWレイモン・コパといったレジェンドを擁して黄金期を形成したスタッド・ランスは、たしかに国内屈指の名門であることは間違いない。

 だが、それは遠い昔話。その後は低迷期が続き、1990年代には財政破綻によって解散を強いられ、クラブ再建と名称変更を経験している。現在はフランスの多くのクラブがそうであるように、若手を育てて売ることを経営基盤とするクラブに生まれ変わった。

 1979年から遠ざかっていたリーグ・アン(当時の名称はディビシオン1)に復帰したのも、今から10年前の2012−13シーズンのこと。以降は2016年から2018年の2シーズンを除いてリーグ・アンに踏みとどまっているが、基本的には活躍した選手を売却してしまうため、リーグ・アン残留が毎シーズンの目標というのが実情だ。

 今シーズンの主力メンバーを見ても、チームの大黒柱でキャプテンを務める34歳のCBユニス・アブデルハミドを除けば、29歳の伊東はMFヴァロン・ベリシャと並ぶチーム2番目の年齢。ほとんどが20代前半の選手で構成されるなか、伊東にはそれなりの結果責任が問われる立場にある。

 昨シーズン12位だったスタッド・ランスは、今夏マジョルカに移籍した守護神プレドラグ・ライコビッチと、アブデルハミド、ヴァウト・ファース、アンドリュー・グラヴィロンの「DF三銃士」を中心とした強固な守備を強みとしていた。その一方、年間43得点は下から数えて6番目という少なさ。何より、チャンスメイク能力が決定的に欠如していた。

 しかも今シーズンは、チーム内得点王のウーゴ・エキティケがパリ・サンジェルマンに買い取りオプションつきのローン移籍で去ってしまった。そのため、いかにその穴を埋めて得点を増やせるかが、残留のためのカギと見られていた。

 そこで白羽の矢が立てられたのが、ベルギーで最多アシストを記録した伊東と、エキティケの代役としてアーセナルからローン加入した21歳のフォラリン・バログン。つまりこのふたりには、ゴールに直結するプレーが期待されているわけだ。

自慢のスピードは通用するか

 就任2年目を迎えるスペイン人オスカル・ガルシア監督は、3バックと4バックを使い分けながら昨シーズンを乗りきったが、おそらく今シーズンもそれは変わらないだろう。

 しかし、バルセロナOBとしても知られるオスカル・ガルシア監督は、戦力的な事情によって3バックを採用するものの、できれば両翼を効果的に使う4−3−3(もしくは4−2−3−1)を目指したいのが本音のようだ。それは伊東加入後のサッスオーロ戦の採用布陣からも見てとれた。

 そういう意味では、指揮官にとって伊東は待望のウインガーということになる。仮に3バックを採用する場合は、右ウイングバックやシャドー、もしくは2トップの一角として起用される可能性も十分にあるだろう。

 もちろん、伊東にとってリーグ・アンは初めての舞台。ベルギーリーグよりもスピードを苦にしない、速さとデュエルの強さを売りにするDFが多いだけに、相手に警戒された場合は自慢のスピードだけでは打開できないシチュエーションも考えられる。

 また、同格もしくは格下との対戦では、相手DFラインの背後に広大なスペースが空いているケースは少ないため、その状況で自らの特徴を発揮するための工夫も必要になってくるはずだ。

 いずれにしても、負傷が癒えたあかつきには、日本代表のスピードスターのプレーぶりはサッカーファンにとっては注目の的となるだろう。

 神奈川大学卒業後、当時J1のヴァンフォーレ甲府でプロデビューを飾って以来、その活躍ぶりが評価され、翌年には柏レイソルに移籍し、日本代表デビューを経て、初めて日本を離れてベルギーリーグに挑戦。

 足の速さだけでなく、キャリアアップの速さも尋常ではない伊東は、果たしてヨーロッパ5大リーグの中堅クラブで、どんなパフォーマンスを見せてくれるのか。カタールワールドカップ前ということも含め、要必見である。

ジャンルで探す