日本代表の惨敗はドイツW杯開幕の5日前に見えていた。甘すぎたジーコへの評価

何かが起こるW杯イヤー(3)~2006年
(1)から読む>>

 ジーコジャパンがアジア予選を突破したのは、2006年ドイツW杯本大会が開幕する約1年前。イラン、バーレーン、北朝鮮と戦ったアジア最終予選で、本大会出場枠である2位以内を早々と確保した。

 予選の最終戦(イラク戦)で引き分け、本大会の出場権を逃してしまった1994年アメリカ大会。初のW杯出場権をアジア第3代表決定戦の末にようやく勝ち取った1998年フランス大会。2002年日韓共催大会は、開催国の特権で予選を免除されるという展開だった。ジーコジャパンはすなわち、過去3大会のどれにもあてはまらない状況に置かれることになった。

 つけ加えれば、「W杯本大会に出場したことのない国が、W杯を開催した過去はない」というプレッシャーに苛まれながら戦ったのが1998年フランス大会予選。2002年日韓共催大会も「開催国が決勝トーナメントに進めなかった例はない」との強迫観念にかられながらの戦いだった。

 ジーコジャパンにはそうした目に見えない呪縛もなかった。予選が組分けに恵まれたことを忘れ、兜の緒を締めることなく、浮ついたムードのまま本番に向かっていったという印象だ。なによりメディアのジーコ評が甘かった。「ジーコは結果を出す男。強運の持ち主」と持ち上げた。

 日本代表監督にとって結果を出すとは何を意味するのか。緩い設定の予選を突破することなのか。W杯本番でそれなりの結果を残すことなのか。その褒め言葉にはいみじくも、予選突破に満足する国内のムードが集約されていた。

 本番までの1年間は、昨今の状況とは異なり、試合にはこと欠かなかった。コンフェデレーションズ杯(ドイツ)、東アジア選手権(韓国)の2大会に出場。ラトビア、ウクライナ、アメリカ、さらにはボスニア・ヘルツェゴビナと戦うためにドイツ(ドルトムント)にも遠征している。


ジーコ(右)とジーコジャパンを支えた三都主アレサンドロ(左)

 しかし、戦えば戦うほど、構造的な欠陥を抱えていることが明るみになった。布陣は古いブラジル式の4-2-2-2。2トップの下で構える攻撃的MF(中村俊輔、中田英寿)が、表記以上に真ん中に寄って構えたため、相手がサイドに各2人を擁す4-2-3-1的な布陣で向かってくると、サイドで数的不利を招いた。

【狙われる日本の両サイド】

 主に三都主アレサンドロ(左)、加地亮(右)で構成した両サイドバック(SB)は、そのしわ寄せをモロに食らった。両サイドの長いエリアをひとりでカバーさせられる、体力的にきついポジションになった。

 日本には当時、劣悪な労働条件を表す3K(きつい、汚い、危険)なる言葉が流行していたが、ジーコジャパンのサッカーに落とし込むなら、それは両SBに相当した。

 相手にとっては、日本の両SBの裏は狙い目となった。それはジーコジャパンの構造的な問題であったにもかかわらず、「三都主は守れない。戻れない。三都主の背後は危ない」などと、選手個人の問題に置き換えようとする稚拙な報道も目立った。

 両SBは時間の経過とともに後方待機を迫られた。最終ラインには、相手が1トップしかいなくても、4人がべったり並ぶ、後ろに重たい非効率なサッカー。事実上の守備的サッカーに陥った。

 だが、真の意味での守備的サッカーではない。うしろに人が多くいても崩されることがよくあった。相手がサイドを各2人がかりで突いてくると、SBだけでは対応できない。数的不利になる。守備的MF(主に福西崇史、中田浩二、稲本潤一ら)はたまらず、加勢に出る。すると今度は真ん中が手薄になる。

 5-4のスコアで勝利したホンジュラス戦(2005年9月7日)は、その典型的な試合だった。スコアを見る限りは撃ち合い。攻撃的サッカーを展開したうえでの勝利に見えるが、実際は守備的サッカーのなれの果てと言いたくなる前時代的なサッカーだった。後半33分、日本は小笠原満男のゴールでリードを奪うと、ジーコはさらに守備的な作戦に出た。布陣を3-4-1-2に変更。事実上の5バックで守備を固めた。

 3-4-1-2は90年代後半、イタリア、ドイツを中心に流行し始めた布陣で、トルシエジャパンの定番スタイルでもあった。欧州では攻撃的サッカーの台頭に伴い、使用率はほどなくすると低下したが、Jリーグではトルシエサッカーの影響で当時、半数以上のチームが5バックになりやすいこの守備的布陣を使用していた。「なぜ3-4-1-2を使用するのか」と問われたジーコは「Jリーグで一番、流行っている布陣だから」と答えている。

【トルシエをなぞり始めたジーコ】

 ジーコジャパン時代は、日本代表に欧州組が増加した時期でもあった。ジーコは、中村、稲本、中田英寿中田浩二、高原直泰、大黒将志など海外組が参加できる場合は4-2-2-2をメインに使用したが、国内組で戦う場合は、3-4-1-2というトルシエ型3バックを多く用いるようになっていた。

 トルシエ時代、ジーコはそのやり方を一貫して批判していた。出演したNHKのスポーツニュースで、遠慮ない言葉を堂々と吐いていた。そのトルシエが日本に持ち込んだスタイルを、ジーコはドイツW杯が近づくと受け入れた。Jリーグで一番流行っている布陣だからという理由で。筆者はここにジーコの弱さ、限界を見た。威勢よくトルシエを批判した人物が、トルシエが日本に持ち込んだサッカーにすがる姿は、けっして格好のいいものではなかった。

 ちなみに先述のホンジュラスは、同じ3バックでもトルシエ式=ジーコ式とは概念の異なる、まさに5バックになりにくい攻撃的な3バックでジーコジャパンに臨んできた。3分割表記にすると3-4-3。4分割にすると3-3-3-1。それは、2002年日韓共催W杯でフース・ヒディンク監督率いる韓国代表が用いたオランダ型の3バックだった。

 サイド攻撃を両SB に頼るジーコジャパンとは異なり、ホンジュラスはサイドを2人がかりで突いてきた。それが5-4というスコアになった原因だ。日本のメディアは相変わらず、「ジーコは結果を出した」と称賛する一方、はるばる日本に駆けつけた小国と大接戦を演じることになった理由には触れようとしなかった。

 ドイツW杯本大会の抽選会があったのは2005年12月。日本などアジア各国の入った第4シード国の抽選は最後に行なわれた。日本の抽選順はその後ろから3番目で、その時、空いていたのはG組、F組、H組だった。筆者は、フランス、スイス、トーゴがすでに決まっていたG組、スペイン、チュニジア、ウクライナのH組に入ってくれと念じた。

 ブラジル、クロアチア、オーストラリアが所属するF組だけは避けたかった。ブラジルには勝ち目がない。クロアチアも同様。大善戦しても引き分けが精一杯だ。唯一、可能性を感じさせるオーストラリアにしても、監督はヒディンクだ。ウルグアイと戦った大陸間プレーオフの直前に、オーストラリア代表監督に就任。南米の強国を見事下して本大会出場を決めていた。

【衝撃のオーストラリア戦メンバー発表】

 韓国を、ヒディンク率いるオーストラリアのいるF組に押し込むことができれば面白い。国民的な英雄であるヒディンクを敵に回し、慌てふためく韓国の人たちの姿が見てみたい......などと、よけいな興味を募らせていたその矢先だった。「JAPAN」のカードがF組にはめ込まれた。

 ヒディンクは韓国を去ったあとも好調で、2004-05シーズンは、PSVを率いてチャンピオンズリーグでベスト4に進出。準決勝で優勝したミランと3-3という大接戦を演じ、世界を沸かせていた。

 ドイツW杯開幕を5日後に控えた2006年6月4日。オーストラリアはロッテルダムのデ・カイプでオランダ代表とテストマッチを行なった。日本はオーストラリアとW杯の第1戦で対戦することになっていた。カギは初戦。誰もがそう口にしていた。敵はどれほど強いのか。筆者は偵察に行ったわけだが、その現場で1-1という結果以上に驚かされたことがあった。ともに記者席でこの試合を観戦していた日本人記者から聞かされたひと言に、こちらは唖然とすることになった。

「ジーコがさきほど、オーストラリア戦の先発メンバーを発表したようです」

 少なくとも日本には選択肢が2つあった。4-2-2-2と3-4-1-2。筆者にはいずれも期待できない布陣に見えたが、それでも選択肢は2つあった。ヒディンクを悩ませるポイントだったはずだ。それを試合の8日前に告知してしまった。なぜサッカー協会の広報担当者は止めなかったのか。

 カイザースラウテルンで行なわれたオーストラリア戦を1-3で落とし、1分け2敗の成績でドイツをあとにすることになった日本の悲劇は、この6月4日の段階で見えていた。

 オーストラリア戦。3-4-1-2の左ウイングバックで先発した三都主が、ハーフウェイラインを越えて相手陣内に進出し、中央にクロスボールを上げた回数はわずか1度だけに終わった。

 日本は3-4-3で臨んできたオーストラリアに対して、大半の時間、5バックで守ることになった。結局、「三都主は守れない、戻れない。その背後は危ない」との指摘は当たらなかったことになる。最終ライン付近で守りっぱなしの状態だったからである。それが三都主の責任でないことは言わずもがなだ。
(つづく)

ジャンルで探す