イングランド代表は育成改革で20歳前後の選手が台頭。カタールW杯へ向け絶賛リノベ中

強豪国のカタールW杯(5)~イングランド

「インポッシブル・ジョブ」

 イングランドでは代表監督のポストをこう呼ぶ。サッカーの母国と言われるイングランドだが、その代表チームがタイトルを手にしたのは歴史上たった一度きり。1966年の自国開催のW杯だけである。以来55年、多くの監督がタイトルを目指してきたが、誰も成功していない。そのため、サッカーの母国の誇り、責任、大きなプレッシャーがかかるイングランド代表監督は世界で最も難しいとも言われる。まさに"手に負えない仕事"なのだ。

 しかし今年、そのインポッシブルが、限りなくポッシブルに近づいた。

 この夏のユーロ2020。自国のサポーターが集うサッカーの殿堂ウェンブリー・スタジアムで、イングランドは優勝にあと一歩のところまで迫った。PK戦の末の準優勝で、優勝できなかったのは多少の不運もあった。

 イングランドは確実に変わりつつある。前回のロシアW杯でも、近年まれにみる好成績のベスト4までたどり着いている。


若いチームをまとめるイングランド代表キャプテン、ハリー・ケイン photo by AFLO

 そのカギとなるのは、約10年前からイングランドで進んでいる若手育成の強化だ。FA(イングランドサッカー協会)がイングランド全土から若い世代を発掘し、新たな世代を育てようとしている。今までばらばらだった指導方も統一し、若手を教えるコーチの育成も始めた。選手目線に立ち、共通した認識での指導がその目標だ。

 また、選手の特性を、「CB」「右ウイング」などと固定するのではなく、複数のポジションでもプレーできるようなトレーニングをしている。これは監督にさまざまなプレースタイルの選択肢を与えてくれるだろう。2012年にはセント・ジョーンズ・パークに国立のトレーニングセンターを設立し、すべてのユース年代の代表がともに練習できるようになった。プレミアリーグのアカデミーが根付いたことも大きい。イングランドでは90年代の終わりまで、ジュニア世代は学校サッカーで育つことが多かったが、クラブチームのプロの指導者が仕切ることになったのである。

 こうした改革のおかげでイングランドの若い選手たちはめきめきと力をつけてきた。2017年にはU-17W杯、U-19ヨーロッパ選手権、U-20W杯の3つのユース大会で優勝を果たしている。

 そして今、その年代の優秀な選手たちがA代表の中心となりつつある。ロシアW杯でベスト4を勝ち取ったチームは平均年齢26歳。今年のユーロにおいては25歳2カ月と、参加国で一番若かった。

 もちろん、経験のある選手たちもきちんと存在する。チームのキャプテン、ハリー・ケイン(トッテナム)、サブキャプテンのジョーダン・ヘンダーソン(リバプール)、カイル・ウォーカー、ジャック・グリーリッシュ、ラヒーム・スターリング(いずれもマンチェスター・シティ)、ハリー・マグワイア(マンチェスター・ユナイテッド)、そしてチームに安定を与えるGKのジョーダン・ピックフォード(エバートン)らだ。。

 そして台頭してきた若い選手たち。トレント・アレクサンダー・アーノルド(リバプール)23歳はクラブでも代表でもすでにレギュラーだ。現在24歳のマーカス・ラッシュフォード(マンチェスター・ユナイテッド)は18歳の代表デビュー戦で最年少ゴール記録をうちたて、ロシアW杯でもプレーした。

 さらに若い世代もすでにクラブチームでレギュラーとしてプレーし、続々とA代表入りしている。18歳のジュード・べリンガム(ドルトムント)は昨年11月にA代表にデビュー。この若さですでに10の代表キャップ数を持ち、その早熟さはウェイン・ルーニーと比較される。今はイングランドのビッグクラブが彼の獲得を巡って火花を散らしている。

 フィル・フォーデン(21歳)はすでにマンチェスター・シティになくてはならない存在で、ジョゼップ・グアルディオラの信頼も厚い。チェルシーの攻撃的MFメイソン・マウントも22歳ながらすでに多くの試合にレギュラーとして出ている。アーセナルの20歳、ブカヨ・サカは、ユーロ決勝のPK戦で最後のキッカーという大役を託された。監督の期待と信頼が厚い証拠だ。

 この夏、高額の移籍金でドルトムントからマンチェスター・ユナイテッド入りを果たしたジェイドン・サンチョ は21歳。さらにアーセナルを牽引しているエミール・スミス・ロウも21歳 。チェルシー所属でレンタル先のクリスタルパレスの主軸となったコナー・ギャラガーも21歳で、ロウとギャラガーは今回の予選でA代表デビューを果たした。

 イングランドには、こうした20歳前後の優秀な選手が少なくとも15人はいる。その未来は明るいと言えるだろう。

 若いチームを率いるガレス・サウスゲイトは元トップレベルのプレーヤーで、代表でも長くプレーした経験を持つ。選手にとっては親しみやすく信頼できる監督だ。テクニカルでインテリジェンスにあふれ、メディアとの関係も悪くなく、それがチームにいい影響を与えている。世界的にはほとんど無名の若手を発掘して代表に入れ、成果を出してきた手腕は大きく評価される。

 若いイングランドは絶賛リノベーション中だが、候補はほぼ決まっている。若手選手たちも試しに使われているのではなく、主戦力として招集されているのだ。

 ここにひとつのデータがある。南米も含めてカタールW杯予選を突破したった強豪国のなかで、起用した選手の数が一番少ないのがイングランドで36人だった。ちなみにブラジルは53人、アルゼンチンは49人、他のチームも50~60人が普通である。これでイングランドのチーム作りが最終段階にきているのがわかる。世代交代を、あまり多くの選手を使わないで行なうのは非常に難しい。この点においてもサウスゲイトに拍手を送りたい。

 W杯予選での成績は10試合で8勝2引き分け。同じグループにはサン・マリノ、アンドラ、アルバニアがいて、それらの試合で若手たちを起用することができた。サン・マリノには10-0で勝利し、多くの選手にゴールを経験させた。

 カタールでは、イングランドが悲願を実現する可能性がある。大事なのは、この1年間に若い選手たちにいろいろな経験をさせることだろう。大舞台でも決して動じないメンタルを育てていくことができれば、代表監督は「ポッシブル・ジョブ」になるかもしれない。

ジャンルで探す