W杯欧州予選の最新勢力図。ドイツ、デンマークは出場権獲得、スペインは最終決戦へ

 カタールW杯欧州予選が佳境に入っている。

 ドイツは北マケドニアを4-0と大差で下し、一番乗りで18回連続の本大会出場を決めた。グループJで7勝1分け、23得点3失点で1位を確定(1位は自動的に出場権を獲得し、2位はプレーオフへ)。5度目の世界制覇を目指す。

 ドイツはEURO2020で失意のベスト16 に終わって、長く続いたヨアヒム・レーヴ監督体制が終焉を迎えた。ハンジ・フリック監督が新たに就任し、復権の気配が漂う。バイエルンの監督時代に欧州王者になった時と同様、4-4-2で相手を攻守両面で圧倒するサッカーで、セルジュ・ニャブリ、ジャマル・ムシアラ(バイエルン)など気鋭アタッカーが大暴れしそうだ。


マケドニアを下し、カタールW杯出場を決めたドイツ代表

 その強豪ドイツでもアップデートをしないと取り残されるのが、欧州サッカー情勢である。
 
 たとえば、サッカーの母国・イングランドはロシアW杯ベスト4、EURO2020でも決勝に進んだ。国内プレミアリーグは欧州のトップに君臨し、ジャック・グリーリッシュ、フィル・フォーデン(マンチェスター・シティ)、ジェイドン・サンチョ(マンチェスター・ユナイテッド)、ハリー・ケイン(トッテナム・ホットスパー)など有力選手を擁する。

 カタールW杯予選でもグループIで首位を守っているが、10月、ホームで行なわれたグループ4位のハンガリー戦はまさかの引き分けだった。しかも先制点を奪われ、苦しむ展開。簡単に勝てる相手はいないのだ。

 欧州サッカー界はお互いが切磋琢磨しており、残念ながらアジア予選とは似ても似つかない。少しでも気を抜けば、強豪国も足元をすくわれる戦場だ。

 2018-19シーズンに発足したネーションズリーグは、それまでの親善試合を、欧州各国代表で競い合うタイトルマッチにした。他の大陸代表との対戦を制限するため賛否は分かれるが、真剣勝負によって競争力は増した格好だ。

 10月にはW杯予選と並行して、スペイン対イタリア、フランス対ベルギーの4カ国による2020-21シーズンの準決勝と決勝戦が行なわれた。優勝したのは決勝でスペインを2-1で下したフランスだった。

 ルイス・エンリケ監督が率いるスペインは、EURO2020でベスト4に進み、今回の決勝進出で力を顕示している。絶対的ストライカーは不在だが、ミケル・オヤルサバル(レアル・ソシエダ)、フェラン・トーレス(マンチェスター・シティ)、ダニ・オルモ(ライプツィヒ)といったゼロトップ的FWを擁し、連係力は卓抜。MFも、今やボールプレーヤーとして世界的名声を博すペドリ(バルセロナ)だけでなく、ガビ(同)も台頭し、十代の躍進が目覚ましい。

 しかし守備が安定せず、カタールW杯予選はグループBで2位。11月のグループ最終戦は勝ち点2差で追う首位スウェーデンとホームでの決戦になる。

 イタリアもワールドクラスの点取り屋に恵まれていないが、フェデリコ・キエーザ(ユベントス)、ロレンツォ・インシーニェ(ナポリ)のセカンドストライカーの得点力は、それを補って余りある。堅い守備はイタリア伝統の強さで、37歳になるCBジョルジョ・キエッリーニ(ユベントス)が健在。中盤にはジョルジーニョ(チェルシー)を擁し、EURO2020優勝の実績は伊達ではない。

 カタールW杯予選でグループCのイタリアは、スイスと勝ち点で並んでおり、11月のホームでの直接対決に運命をかける。

 ロシアW杯優勝のフランスは、EURO2020こそ不振に終わったが、ネーションズリーグ優勝で実力を証明した。キリアン・エムバペ(パリ・サンジェルマン)、アントワーヌ・グリーズマン(アトレティコ・マドリード)、ポール・ポグバ(マンチェスター・ユナイテッド)、エンゴロ・カンテ(チェルシー)などその陣容は世界選抜に近く、カリム・ベンゼマ(レアル・マドリード)も復帰して隙がなくなった。

 ディディエ・デシャン監督は4-3-3を基調にしつつ、3バックも選択肢として採用している。効率性を求め、インテンシティを生かした「負けない算段」を整えた。ただ、攻撃と守備の分業になって、得点に結びつく攻撃はカウンターが大半。ボールを持って運んで、相手の裏を取って好機を生み出すことは少なく、退屈にも映る。カタールW杯予選はグループDの首位で、出場はほぼ当確。手堅いチームだ。

 ベルギーは実力者集団で、ロメル・ルカク(チェルシー)、ケビン・デ・ブライネ(マンチェスター・シティ)、ティボー・クルトワ(レアル・マドリード)などバロンドール級の有力選手が揃う。ただ、エデン・アザール(レアル・マドリード)の低調さは懸念材料で、ディフェンスラインの高齢化も難点。それでもロベルト・マルティネス監督の3-4-2-1でイニシアチブをとるサッカーは魅力的だ。カタールW杯予選はグループEで1位。本大会出場はほぼ間違いない。

 注目はW杯予選グループAで2位のポルトガルだろう。11月の最終戦で首位セルビアとホームで対戦予定だが、負けられない一戦となる。直近のルクセンブルグ戦でもハットトリックで5-0の大勝に貢献したクリスティアーノ・ロナウド(マンチェスター・ユナイテッド)は、決戦でチームを勝利に導けるか。個人的には、ジョアン・フェリックス(アトレティコ・マドリード)の魔法的プレーに期待している。

 ドイツに続き、デンマークもグループF首位、27得点無失点で本大会出場権を勝ち取った。EURO2020では快進撃で準決勝進出。キャプテンのシモン・ケア(ミラン)を中心にしたソリッドな守備は変わらず、いい守りがいい攻めを作り出している。

 凌ぎ合う欧州では伏兵も出てくるだろう。アーリング・ハーランド(ドルトムント)を擁するノルウェーはその筆頭候補か。現在グループGで2位。11月の最終戦は首位オランダとのアウェー戦になる。ともあれ、群雄割拠を勝ち抜いてW杯に出てくるチームは意気軒昂だ。

ジャンルで探す