番記者3人推奨の日本代表コスタリカ戦スタメン…1トップは浅野?

逆転勝ちし、喜びを爆発させる日本代表の選手たち(カメラ・小林 泰斗)

 日本は27日のコスタリカ戦で、1次リーグ突破が決まる可能性がある一方で、敗れれば敗退の危機にも直面する。重要な一戦をどのメンバーで臨むべきかを提示した。

 * * *

 先発メンバーを提案する前に確認しなければいけない。ドイツ戦で痛みを訴えたDF冨安、酒井が、コスタリカ戦に出場できるか。仮に出場できる状態だとしたら、この2人はぜひ、組み入れたい。ドイツ戦でも証明したように、攻守にスーパーマンの働きを見せる冨安は森保ジャパンの浮沈を握る存在だ。そして、ドイツのラウム、ムシアラに対応した酒井は、世界の舞台では特別な存在であることを再認識した。裏を返せば、2人が出場できないようであれば、チーム力は落ちる。そこをカバーするのは、ドイツ戦で先発しなかったフレッシュな選手たち。7失点で心身ともに疲弊するコスタリカを上回りたい。1トップには、ドイツを敗戦に追いやる決勝点を決めた浅野、ボランチには好調維持の柴崎。左サイドに野心あふれる相馬を配し、試合の入りから主導権を握る。(内田知宏)

 ドイツ戦の勢いを生かさない手はない。前線には逆転の立役者たちをずらりと配置したい。アタッカーの心理としては、結果を残した次の試合は「先発で使ってくれ」との思いが大きくなるのは自然。スペイン戦で大量失点したコスタリカは、序盤に失点すれば心が折れるはず。旬の食材を旬のタイミングで生かした“B面”布陣で一気に押し切りたい。

 一方で守備ラインは安定を重視。酒井が出場可能ならいじりたくない、という思いもあるが、状態次第では冨安をアーセナルでも務める右サイドバックに。キーマンとしてはドイツ戦での安定した守備に加え、浅野の決勝ゴールをアシストする活躍もみせた板倉を挙げたい。負傷明けではあるが、コンディションは上がっているようにも見える。フル稼働を期待したい。(金川 誉)

 思い切って、ドイツ戦から先発全員入れ替えとした。最悪を想定した場合、コスタリカに勝ったとしても、第3戦のスペイン戦で勝ち点1以上が必要になることが考えられるからだ。

 国際大会での1次リーグではまれに、“3強1弱”パターンが生まれる。2勝1敗で3チームが並び、突破2か国を得失点差で決めるケースだ。日本がコスタリカに勝ったとしても、裏カードでドイツがスペインに勝てば、日本の突破は持ち越しとなり、最終戦でスペインと真剣勝負を行わなければならない。スペイン戦に向け、余力は残しておきたい。

 劇的な展開となったドイツ戦で、出場選手は通常のリーグ戦や親善試合以上の体力を消費したはずだ。そしてドイツ戦では、途中投入選手の活躍もみられた。初戦は出番が限られた11人で、コスタリカから勝ち点3を奪いたい。総力戦でなければ、目標のベスト8には行けない。(岡島 智哉)

ジャンルで探す