先制点の鎌田大地は反省しきり「もう少しね、決められれば良かった」

前半24分、ゴールを決め歓喜する鎌田大地(カメラ・宮崎 亮太)

◆国際親善試合 日本2―0米国(23日、デュッセルドルフ・アレーナ)

 鎌田大地が試合を動かした。前半24分、敵陣でボールを奪った日本はショートカウンター。最後はMF守田英正(スポルティング)からのパスを右足で合わせネットを揺らした。直後はオフサイドと判定されたが、ビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)により得点が認められた。

 「今日僕自身、得点チャンスが多かったので、1点決められて良かった」と言いながら、表情はさえない。「もう少し早めに2点取れればチームはもっと楽だったと思うので、点は取れて良かったけど、もう少しね、シュートとか決められれば良かった」。前半15分に相手GKとの1対1を仕留められなかったシーンなど、他のチャンスを生かせなかったことを悔やんだ。

ジャンルで探す