10都道府県に緊急事態宣言 6月20日まで

伊東純也、日本代表通算1300ゴール…負傷交代には「今は痛いですけど、打撲なんで」

後半3分、ゴールを決める伊東純也(カメラ・宮崎 亮太)

◆国際親善試合 日本代表1―0セルビア代表(11日・ノエスタ)

 サッカー日本代表はセルビア代表に1―0で勝利し、2016年から続いていた対欧州との連敗を6で止めた。後半3分、MF伊東純也(28)=ゲンク=が決勝点。日本代表として国際Aマッチ通算1300点目となった。途中出場で代表デビューしたFWオナイウ阿道(25)=横浜M=が1トップで存在感を示した。森保ジャパンの“泣き所”であるFW大迫勇也(31)=ブレーメン=の代役。その筆頭候補が、国内組から出現した。

 確実にチャンスをものにした。後半3分。MF鎌田のCKをDF谷口がヘディングで流すと、ファーサイドでフリーとなっていた伊東が押し込んだ。「チームで狙っていた形だった。入ってきたら、しっかり決めようと」。高さで劣る相手に、変化をつけたセットプレーで先制。チームを勝利に導いた自身の代表5点目は、日本代表にとって通算1300点目のメモリアルゴールとなった。

 今や定位置を確保した感もある右MFで先発。前半は守備を固めた相手に苦しんだが、後半に真価を発揮した。リードを奪いセルビアが前がかりとなると、自慢のスピードを生かして何度もチャンスメイク。同19分にはDFを振り切り、FWオナイウへラストパスを通したが、惜しくもオフサイドの判定。“アシスト未遂”に終わったが、欧州レベルを相手にもその力を十分に示した。

 後半29分には、目立ちすぎたか右足首を相手に削られて負傷。同31分に交代したが、「今は痛いですけど、打撲なんで」と大事には至らなかった模様だ。昨季はゲンクで11得点16アシストをマークし、ベルギーリーグ屈指のサイドアタッカーとして、その移籍金は今や10億円以上に。今が“旬”のスピードスターは、W杯アジア最終予選でも森保ジャパンの大きな武器となる。(金川 誉)

ジャンルで探す