10都道府県に緊急事態宣言 6月20日まで

北澤豪氏が1トップで存在感のオナイウ阿道を評価…大迫が不在の時どうするか、セルビア戦のポイント解説

後半、パスを出すオナイウ阿道(カメラ・宮崎 亮太)

◆国際親善試合 日本代表1―0セルビア代表(11日・ノエスタ)

 サッカー日本代表はセルビア代表に1―0で勝利し、2016年から続いていた対欧州との連敗を6で止めた。後半3分、MF伊東純也(28)=ゲンク=が決勝点。日本代表として国際Aマッチ通算1300点目となった。途中出場で代表デビューしたFWオナイウ阿道(25)=横浜M=が1トップで存在感を示した。森保ジャパンの“泣き所”であるFW大迫勇也(31)=ブレーメン=の代役。その筆頭候補が、国内組から出現した。

 * * *

 大迫が不在の時、どうするか。それが、この試合のポイントの一つだった。

 途中出場のオナイウはボールを収めることができたので、前線のくさびになった。体が強く、スピードもある。惜しくもオフサイドの判定になったが、伊東のスピードについていき、体ごとゴールに向かう迫力を見せた。浅野がGKとの1対1で止められた場面でも、浅野に遅れずにゴール前まで詰めていた。普段、横浜Mで見せているプレーを代表デビュー戦でも見せてくれた。「代表でもやれる」と本人も手応えをつかんだだろう。

 先発出場した古橋はスペースへの飛び出しを意識していた。力の一端は発揮した。

 90分通して渋い内容だったが、勝ったことは一定の評価をしたい。ただ、セルビアは若手中心であり、さらに時差ボケなどを考えれば、本来の半分ほどの力しか見せていないだろう。W杯でベスト8を目指すチームとしては、今日は2―0、あるいは3―0で勝ちたかった。(スポーツ報知評論家・北澤豪

ジャンルで探す