【C大阪】3戦ぶり勝利で2位浮上…清武「毎試合、僕たちは堅い」総失点はまだ5

◆明治安田生命J1リーグ第8節 湘南0―1C大阪(1日・BMWス)

 C大阪が、持ち前の堅守で今季4度目の無失点試合を達成。3戦ぶりに勝ち点3を手にして2位に浮上した。

 前半からボールを支配しながら、相手の堅いブロックの前に決定機を作れず。逆にカウンターを浴び、左右からクロスを放り込まれる場面は多かったが、DFラインは最後まで冷静だった。3試合ぶりに先発したDF瀬古は「中でCBがはね返す準備ができていれば怖くなかった。抑えられたことが今日の結果につながった」と胸を張った。

 8試合を終え、総得点9は物足りないが総失点はリーグトップタイの5。J1最少失点(25)を記録した昨季を上回るペースで、08年大分による歴代最少失点(24)更新も狙える。決勝のPKを決めた元日本代表MF清武は「チーム全体としての規律はある。毎試合、僕たちは堅いと思う」。ロティーナ監督(63)のもと構築された守備陣は、2年目を迎え、さらに盤石になりつつある。(種村 亮)

ジャンルで探す