大久保嘉人選手インタビュー「サッカーゲームは頭を使うので、子どものサッカー教育にも役立つ」

12月15日、埼玉スタジアム2002で行われた「高円宮杯 JFA U-18サッカープレミアリーグ 2018 ファイナル」の会場で、「大久保嘉人選手と対戦!eスポーツ体験会!」が開催された。

同イベントは人気サッカーゲーム『ウイニングイレブン 2019』を使用した、来場者とのeスポーツエキシビションマッチ。元日本代表FWでジュビロ磐田の大久保嘉人選手が出演。MCをeスポーツキャスターの馬人氏が務め、ウイニングイレブンのプロプレイヤーMayageka選手がゲームの解説を行った。


(写真:小中学生の子どもたちを相手に、見事に4戦全勝の大久保選手)

イベント終了後、大久保選手はメディアのインタビューに応じた。以下、一問一答。

――ウイイレをプレイした感想を

今日、初めて(『ウイニングイレブン 2019』を)プレイしました。むかしプレイしていた時と比べて(ビジュアルなどが)変わり、選手の操作も複雑になったなと思いました。でも途中でもう(プレイに)慣れたので、とても楽しくできました。

――子ども相手にも真剣でしたね

それは真剣です(笑)。子どもは、むしろ絶対に強いなと思いました。やはり(勝負として)「負けられない」という気持ちもありました。

――ウイイレを持っていますか

家にはあるのですが、(近年のタイトルを)実はやったことがないのです。今日、初めて(近年のタイトルを)プレイしました。家では子ども同士でプレイしている画面を見るくらいです。

――むかしプレイしていたというのはいつ頃ですか

プロに入って1年目の18歳の時です。まだ、結婚していない時にやっていました。寮でやっていましたね。

――プロのeスポーツ選手という存在について

その存在は以前から知っていました。サッカーゲームをプロとして仕事にしていることは、素直に凄いと思います。あれだけ難しい操作をスムーズに動かすことができるんですね。今日、Mayageka選手と対戦してみて、つくづく、「(eスポーツ選手は)凄いんだな。これがプロなんだな」と思いました。

――サッカーゲームの選手が実際のサッカークラブへ所属する時代になりました

(驚きの表情で)実際のサッカーチームに? 今、そんなに多く(サッカーゲームのeスポーツ選手が)いるのですか?

――かつて在籍された独ヴォルクスブルグには世界でも有名な選手が所属しています。Jリーグでも同様の動きが始まっています

(驚きの声で)本当ですか。それは凄いですね。今後、そのような(eスポーツ)選手が増えてくるのではないでしょうか。いやぁ、面白い世界になってきましたね。

――子どもたちがサッカーゲームをすることで、それが実際のサッカーに活かされることは

サッカーゲームでプレイの「イメージ」を作ることができますね。それを実際のプレイに反映できるかどうかは、その子次第だとは思います。ただ、今の自分達(プロのサッカー選手)でさえ、試合前にこうしたゲームを通じてイメージを作ることは、プラスになることだと思います。

でも、小中学生がゲームばかりすれば、両親に「勉強しなさい」と怒られるかもしれないですね(笑)。

――サッカーゲームがサッカーの教育に役立つか

十分、役立ちます。ゲームは頭を使わないといけないので、それは実際のサッカーにも繋がると思います。

――U-18高円宮杯についての思い出は

自分もこの大会に出場したことを懐かしく感じます。良い経験になるのは間違いないので、(決勝を戦う)選手たちには、楽しんでやってもらいたいです

――(大久保選手が出場した)当時とは違い、1年間のリーグ戦による決勝戦です

それこそ海外の選手は、小さい頃からリーグ戦の経験があります。リーグ戦ならではの戦い方を体験できることは、その先の選手生活にとっても良い機会だと思います。

――大久保選手にとって国見高校時代のサッカー部の経験とは

高校時代(のサッカー部の経験)があったから、今の自分があります。あの時の苦しい練習があってこそ、今の自分を作ってくれたと思っています。今でも本当に感謝しています。

――来シーズンについて

今まで通り(の目標と同じ)です。まず、200点目を取ることができれば良いと思います。

――それは、ジュビロ磐田でですか

それは、まだわからないですけど。来年はまた来年で頑張ります。

(取材●VAMOLA eFootball News編集部)

ジャンルで探す