日本敗戦に敗退危機だったドイツのメディア夢心地 「スペインに負けても敗退しない」

サッカーのカタール・ワールドカップ(W杯)は27日、グループリーグ(GL)第2戦で日本は0-1で痛恨の敗戦を喫した。0-0で迎えた後半36分に失点。初戦で日本に敗れたドイツメディアは「信じられないが、現実だ」「スペインに負けても敗退しない」と伝えた。

コスタリカに敗れ、肩を落とす日本代表【写真:Getty Images】

コスタリカに敗れ、肩を落とす日本代表【写真:Getty Images】

カタールW杯、日本がコスタリカに0-1で敗戦

 サッカーのカタール・ワールドカップ(W杯)は27日、グループリーグ(GL)第2戦で日本は0-1で痛恨の敗戦を喫した。0-0で迎えた後半36分に失点。初戦で日本に敗れたドイツメディアは「信じられないが、現実だ」「スペインに負けても敗退しない」と伝えた。

 ドイツには吉報だった。0-0で迎えた後半36分、DF吉田麻也のクリアが甘くなったところが繋がらず、コスタリカにボールを奪われた。フレールが左足を振り抜くと、シュートはGK権田修一の伸ばした腕を弾いてゴールネットを揺らした。痛恨の失点。日本は取り返せず、勝ち点を重ねられなかった。

 初戦で日本に1-2でまさかの逆転負けを喫したドイツメディアも、この試合結果を伝えた。「スポーツイラストレイテッド」ドイツ語版ツイッターは、「アンビリーバブルだが、現実だ」と夢心地に喜び。「コスタリカが日本に1-0で勝利! これにより、ドイツは今夜の試合でスペインに負けたとしてもW杯敗退とはならない」とつづった。

 ドイツのサッカーサイト「Sportbuzzer」ツイッターは、「コスタリカがドイツの援護射撃。ケイセル・フレールが日本戦でメガ級サプライズを起こす」と報じている。

(THE ANSWER編集部)

ジャンルで探す