日本、大金星→痛恨敗戦に海外記者が驚き 「サッカーは残酷だ」「日本はなんて屈辱」

サッカーのカタール・ワールドカップ(W杯)は27日、グループリーグ(GL)第2戦の日本はコスタリカに0-1で痛恨の敗戦を喫した。0-0で迎えた後半36分に失点。海外記者は「サッカーは残酷だ」「日本はなんて屈辱」と反応した。

コスタリカに敗れた日本【写真:ロイター】

コスタリカに敗れた日本【写真:ロイター】

カタールW杯、コスタリカとのGL第2戦

 サッカーのカタール・ワールドカップ(W杯)は27日、グループリーグ(GL)第2戦の日本はコスタリカに0-1で痛恨の敗戦を喫した。0-0で迎えた後半36分に失点。海外記者は「サッカーは残酷だ」「日本はなんて屈辱」と反応した。

 まさかの敗戦だった。開始から優位に進めていたものの、失点は0-0の後半36分。DF吉田麻也のクリアが甘くなったところが繋がらず、コスタリカにボールを奪われた。フレールが左足を振り抜くと、シュートはGK権田修一の伸ばした腕を弾いてゴールネットを揺らした。痛恨の失点。日本は取り返せず、勝ち点を重ねられなかった。

 ツイッター上では、海外記者が次々と速報。英紙「ミラー」のナリン・フランダース記者は、「日本のペナルティーエリア内でコスタリカはわずか2タッチ。その中でなんとかゴールを決めた。サッカーは残酷だ。日本はこのチャンスを逃したことを悔やんでいるだろ」とツイートした。

 インドスポーツチャンネル「ソニー・スポーツ・ネットワーク」のリポーター、マナス・シン氏は、「日本はこの結果より良いものを得られたはずだ。ドイツは良い朝を迎えた」と指摘。米スポーツ専門サイト「ジ・アスレチック」のマット・スレイター記者は、「コスタリカはスペイン相手の失意の敗戦から見事な復活劇。日本にとってはなんという屈辱だろう」と驚きをもって伝えた。

 日本は初戦で強豪ドイツを2-1で撃破。大金星を挙げたが、2連勝はならなかった。

(THE ANSWER編集部)

ジャンルで探す